太陽光発電の保険料相場はいくら?保険の種類&年間費用まとめ

太陽光発電の保険料相場はいくら?保険の種類&年間費用まとめ保険・保証
ひかり
ひかり

太陽光発電にも保険ってあるんだね!

てんか
てんか

そうだよ!もしもの時の備えとして、入っておくと安心だよね!

ひかり
ひかり

保険料ってどのくらいなのかな?それに、どんな保険があるのか、いまいち分からないよ!

 

てんか
てんか

みんなが気になる「保険料の相場」や「保険の種類」をお届けするね!

太陽光発電の保険料の相場

太陽光発電の保険料の相場

結論からお伝えしますと、保険料の相場は、保険会社や、保険の種類によって異なります。

そこで、保険別にある程度の相場をお伝えしますので、参考にしてみてください。

太陽光発電に必要な保険は、以下の5つです。

  • 火災保険
  • 動産総合保険
  • 休業保険
  • 地震保険
  • 施設賠償責任保険

保険の相場から内容まで、それぞれ詳しく見ていきましょう。

火災保険の相場

「火災保険」は、一般の住宅で加入するものと同じです。

ひかり
ひかり

太陽光発電にも、一般住宅用の火災保険が適用できるんだよ!

てんか
てんか

火事や台風などの災害時に起きた損害を補償してくれるよ!

 

試しに「東京海上日動」の「トータルアシスト住まいの保険」で試算をしてみます。

トータルアシスト住まいの保険で補償されるのは、以下のとおりです。

 

  • 火災
  • 風災
  • 水災
  • 盗難・水濡れ等
  • 破損等

※「充実タイプ」を適用

引用:東京海上日動公式サイト

次に、具体的な補償内容は、以下のとおりです。

保険会社東京海上日動
所在地埼玉県
建物構造M構造
築年数新築
建物の保険金額1,000万円
家財補償500万円
地震(建物)500万円
地震(家財)250万円
保険期間10年

この内容で、火災保険の保険料をシュミレーションすると、10年間で143,330円となります。

ちなみに、保険期間を三段階に設定すると、以下のようになります。

1年22,210円
5年101,880円
10年143,330円
ひかり
ひかり

安くはない金額だけど、故障時に自己負担で修理や交換することを考えると、必要経費かも!

動産総合保険の相場

「動産総合保険」の補償内容は、火災保険とかなり似通っていますので、ここでは、動産保険で補償できないものを挙げていきます。

 

  • 加工・製造中の動産
  • 自動車・航空機・船舶
  • 運送中の危険のみを対象とするもの

引用:損保ジャパン日本興亜

てんか
てんか

「動産」っていうのは、不動産以外の財産のことだよ!

上記に加え「水災」に関する補償もありませんので、幅広く保証内容をカバーしたい場合は、火災保険を選択するほうが良いかもしれません。

本題の保険料は、以下のとおりです。

動産総合保険の、保険料の相場は、一般的に初期費用の2.5%~3.5%だと言われています。

引用:ソラチエ

仮に、太陽光発電の初期費用が150万円だった場合、年間で37,500円~52,500円という計算になります。

休業保険の相場

休業保険で対象となるのは、以下のとおりです。

  • 火災・落雷・破裂・爆発
  • 風災・雹災・雪災
  • 水災
  • 不測かつ突発的な事故
ひかり
ひかり

休業保険っていうのは、何らかの原因で太陽光発電の運用が止まってしまったときに、売電収入を補償してくれるものだよ!

つまり、事前に年間の「日照時間」などのデータを基に、発電量と、売電金額を予想しておき、事故が起きなければ得られるはずだった「売電収入」まで補償をしてくれるのです。

保険料の相場は、以下のとおりです。

発電設備が48kWの場合、年間の保険料は7,000円前後です。

引用:タイナビ発電所

てんか
てんか

産業用の太陽光発電は発電量が多いから、この金額なら入っておくと安心だね!

地震保険の相場

地震保険は、基本的に火災保険とセットで加入するシステムになっています。

ひかり
ひかり

地震が原因で起きた、火災などを補償してくれるんだよ!

保険料は、火災保険の保険金額の30~50%の範囲内の設定となっています。

引用:ほけんスタート

先にお伝えした、1年間の火災保険の保険料を当てはめてみると、6,663円~11,105円となります。

施設賠償責任保険の相場

施設賠償責任保険は、台風や地震などで破損した太陽光発電が、万が一、他人に危害を及ぼした場合を補償してくれる保険です。

ひかり
ひかり

自動車保険にも、同じシステムの補償があるよね!

 

てんか
てんか

強風で飛ばされたソーラーパネルが、人に直撃することもあるからね!

保険料は、年間で約5,000円となっております。

引用:TOSMO

年間でこの金額であれば、加入する価値は十分にあるでしょう。

太陽光発電に保険は必要なのか

太陽光発電に保険は必要なのか

太陽光発電設備には、元々メーカー保証がついておりますが、自然災害などで発生した損害は、メーカー保証の適用外となっています。

特に「産業用」の太陽光発電設備は、10kW以上と規模が大きいことから、故障した際には、修理などの自己負担額はかなり大きくなってしまいます。

そんなときに、保険に加入しておけば、最低限の出費で損害を賄うことができるのです。

自然災害は、予期せぬときに起きるものです。「備えあれば憂いなし」と言うように、万が一に備えて、保険に加入することをオススメします

以下の保険会社で、太陽光発電に対しても適用できる保険を販売しています。

 

  • 三井住友海上
  • 東京海上日動
  • 損保ジャパン日本興亜
  • あいおいニッセイ同和損保

引用:ソラチエ

太陽光発電の保険料の相場まとめ

ここまで、太陽光発電の「保険料の相場」と「保険の種類」をお伝えしてきました。

保険は、メーカー保証適用外の範囲を補ってきくれる重要なものです。

自分には、どんな保険が必要なのかじっくり検討をし、万が一に備えてください。

タイトルとURLをコピーしました