太陽光発電の保険加入は必要?メーカー保証外のトラブルも解説

ひかり
ひかり

太陽光発電について調べていたら、保険加入すべきって出てきたよ!
メーカーの保証じゃ足りないのかな?

てんか
てんか

メーカーも保証はしてくれるけど、破損や廃棄などの事態はカバーできないよ!補償外のトラブルや、保険の選び方を解説していくね♪

太陽光発電の保険に加入すべき?

太陽光発電のメーカー補償外のトラブルに備えたいのであれば、保険に加入したほうが安心です

メーカーは、製品や出力に関する保証はしてくれますが、ほかの事態はカバーできません。

また、資源エネルギー庁の「事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)」では、修繕や廃棄に備え、火災保険・地震保険に加入努力を行うように記載されています。

太陽光発電システムを安全に利用するためには、保険に加入するべきといえるでしょう。

太陽光発電に地震保険は適用される?加入は出来るの?
ひかり 太陽光発電を導入する時は、もしもの時に備えて保険に入ったほうが安心と思う人は多いと思うの。 てんか そうよね!もし自然災害などで太陽光発電が壊れたりするかもしれないか...

太陽光発電のメーカー保証範囲

太陽光発電の保険について解説する前に、メーカーの保証範囲を押さえておきましょう。

ひかり
ひかり

導入時点でメーカーが保証してくれている範囲を知れば、必要な保険を検討するときに役立つね!

メーカーの保証範囲は、おおむね下記の2つに分けられます。

  • 製品保証
  • 出力保証

それぞれの内容について、詳しく見ていきましょう。

製品保証

製品保証とは、製造過程に欠陥や不良が発生した場合に、損害を補償してくれるものです。

てんか
てんか

初期不良や故障といった内容だよ♪
家電の保証に近いイメージだね!

無償であれば10年前後の保証が多いですが、有償であれば15年以上など、より長期的にサポートしてくれるメーカーもあります。

初期費用の回収にかかる期間が10年前後である点を考慮すると、必要最低限の保証といえるでしょう。

太陽電池モジュールとパワーコンディショナーの両方で、修理か代替品との交換を選べるケースが多いです。

出力保証

出力保証とは、システムの発電量が一定値を下回った場合に、交換や修理に応じてくれるサービス。

10年保証のメーカーが多いですが、パナソニックや長州産業などでは、所定の手続きを踏めば25年もサポートしてくれます。

最大出力が80%以下になると、出力保証の対象となるケースが多いです。

ここまで解説した製品保証と出力保証は、心強いサポートにはなりますが、全てのトラブルを補填してくれるわけではありません。

太陽光発電の保証期間はどのくらい?設備機器別の保証期間・内容
太陽光発電システムを導入する際に、必ず確認していただきたいのが保証期間&保証内容です。ソーラーパネル自体もそうですし、太陽光発電の設備機器は全てが精密機器であるため、もしも壊れてしまうと、最低でも数十万円単位で費用がかかってしまいます。このページでは、そんな太陽光発電の保証期間・内容をご紹介します。

太陽光発電のメーカー保証外になるトラブル例

太陽光発電のメーカー保証が受けられないトラブルとして、下記のようなものがあります。

  • 災害や事故による破損
  • 太陽光パネルの飛散による第三者への損害
  • 廃棄費用
  • 第三者による破損や盗難
  • 発電停止による収入低下
太陽光発電の修理費用の相場|修理依頼はどこにする?
もし太陽光発電の寿命がきて故障した場合、修理依頼はどこにすればいいのでしょうか?太陽光発電のパネルやパワコンなどの修理費用の相場と、太陽光発電に必要なメンテナンスや点検など、さまざまな疑問にお答えします。

災害や事故による破損

災害や事故による破損は、メーカーでは補償されません。

この項目でいう災害や事故とは、下記のようなケースを指します。

  • 豪雨
  • 積雪
  • 落雷
  • 火災
  • 野生の動物による飛来物など

特に豪雨による水害は、平均気温の上昇に伴って件数が年々増加しており、太陽光発電システムからみても大きなリスクです。

1時間の降水量が80mm以上になる豪雨の年間発生回数は、1975年から右肩上がりに増えています(内閣府「防災情報のページ」)。

また、雪の重みに耐えきれず、ソーラーパネルが破損したケースもあります。

1㎥あたりの屋根に積もる雪は300kgにもなるといわれ、ソーラーパネルの負担もさることながら、屋根にかかる負担も非常に大きいです。

ひかり
ひかり

ソーラーパネルを20枚設置しているとすれば、雪も含めて屋根にかかる重みは600kg以上にもなるんだね!

てんか
てんか

過去に台風や雪で被害が出た地域では、架台や住宅の破損に備えて、保険加入を検討したほうが良いよ!

ソーラーパネルの重量が屋根に与える影響はヤバくないのか?
ひかり ソーラーパネルの重量がどのくらいなのか気になるよね! 自分の家の屋根でも大丈夫なの?って。 てんか 地震がきたとき家が壊れないか心配よね。 ...

太陽光パネルの飛散による第三者への損害

台風や強風で太陽光パネルが屋根から吹っ飛び、第三者へ損害を与える可能性もあります。

特に施工不良やメンテナンス不足といった問題があると、災害時に思わぬ事故となって表面化してしまいます。

近隣の住民に怪我をさせてしまう事態となれば、治療費や慰謝料などが必要になるでしょう。

信頼できる業者に施工を依頼するほか、定期的にメンテナンスを行うことも重要です。

しかし、万全を期しても、圧倒的な自然のエネルギーを受ければ、太陽光パネルが破損する可能性は十分に考えられます。

ひかり
ひかり

第三者への被害に備えるためには、損害賠償保険への加入を検討したほうが良いね!

台風で太陽光パネルが飛んだ事故事例|太陽光発電の台風対策とは
てんか 台風が近づいてきてるけど、うちの太陽光パネル大丈夫かしら・・・。 ひかり 台風で太陽光発電が飛ぶこともあるから、安易に大丈夫とは言えないわ。 ...

廃棄費用

自然災害で太陽光発電設備に損害を受けると、パネルの交換より規模を縮小したほうが、費用が安いケースもあります。

しかし、太陽光発電の廃棄費用は、撤去工事や処分にかかる金額が高く、人件費だけでも10万円以上が必要です。

廃棄費用はメーカー保証の範囲外なので、災害時に思わぬ出費となってしまうかもしれません。

てんか
てんか

いつか訪れる廃棄のタイミングに備えて、保険に入っておくと安心だね♪

東京海上日動火災保険では、募集期間が限定されているものの、廃棄費用もカバーする保険を販売しています。

太陽光パネルの処分費は1枚いくら?撤去費用を項目別に紹介
太陽光パネルの処分費は1枚あたりいくらぐらいかかるのでしょうか?このページでは、そんな太陽光発電の撤去費用を、項目別に紹介していきます。どの項目にどの程度費用がかかるのか分かれば、あなたの自宅の太陽光発電の撤去費用も計算することができるでしょう。

第三者による破損や盗難

第三者による破損や盗難を受けても、メーカー保証の範囲外です。

太陽光発電の部品を転売する目的で、ケーブルやパネルが盗難される被害は、複数件報告されています。

太陽光発電設備の盗難被害

引用:ANN NEWS

防犯カメラの設置も有効ですが、リアルタイムに盗難を予防できないとなると、修理や交換の費用が発生してしまいます。

ひかり
ひかり

盗難の他に、石を投げられてパネルが破損するケースもあるみたい!

第三者による破損や盗難に備えるためには、火災保険への加入を検討したほうが良いでしょう。

太陽光パネルの火災は放水できない?過去に死亡事故も発生!?
太陽光パネルの火災では放水できない?答えはNOです。太陽光パネルの火災であろうが放水により消火することができます。ただし、感電する恐れや、有害物資に汚染される危険性もありますので、必ず消防士や専門業者に連絡しましょう。

発電停止による収入低下

発電停止による収入低下も、メーカー保証の範囲外です。

発電停止による収入低下とは、破損や故障時などに設備が止まり、売電できなくなってしまうこと。

多くの人にとって、太陽光発電の導入費用は売電収入も見込んだ金額ですから、発電停止の期間が長期化すると、経済的に痛手となってしまいます。

てんか
てんか

休業保険に入っておくと、故障時など発電停止の期間が長引いても、保険金が支払われるよ♪

太陽光発電だけで生活は可能?余った電気を売るほど発電できるのか?
太陽光発電システムの導入を検討している人は「太陽光発電だけで生活は可能なのか?」「余った電気を売るほど発電できるのか?」という疑問が浮かぶことでしょう。このページでは、太陽光発電システムを利用したオフグリッド生活について、解説しています。

太陽光発電の保険と補償内容

太陽光発電のトラブルに備えられる保険は、大きく分けて下記の5つです。

  • 火災保険
  • 動産総合保険
  • 休業保険
  • 地震保険
  • 施設賠償責任保険

それぞれの保険の補償項目について、下記の表にまとめました。

名称火災保険動産総合保険地震保険休業保険施設賠償責任保険
補償項目
  • 火災
  • 風災
  • 水災
  • 盗難
  • 水濡れ
  • 破損
  • 火災
  • 盗難
  • 車の飛び込み
  • 落雷
  • 爆発
    など
  • 地震による火災
  • 地震による倒壊
  • 地震による津波
  • 噴火
売電収入の補償
  • 第三者への怪我
  • 第三者への物損

各保険の相場や内容については、下記の記事でも詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

太陽光発電の保険料相場はいくら?保険の種類&年間費用まとめ
太陽光発電の保険料相場をまとめました。太陽光発電のランニングコストと合わせて年間でいくらぐらいかかるのか、事前に把握しておきましょう。保険と一口に言っても様々な種類のものがありますので、保証内容から金額まで、まるっとまとめて紹介しています。

太陽光発電の保険の選び方

太陽光発電で必要な保険を選ぶときは、下記のポイントを押さえることが重要です。

  • メーカー保証と重複した範囲の保険には入らない
  • 災害リスク
  • 第三者への人的被害リスク
  • 保険料

メーカー保証と重複した範囲の保険には入らない

太陽光発電の保険を選ぶときは、メーカー保証と重複したものに入らないようにしましょう。

このとき、メーカー保証が充実しているところを選んでおくのがおすすめです。

メーカー保証がしっかりしたところを選べば、加入する保険は最低限の範囲に留められるので、結果として保険料が節約できるからです。

てんか
てんか

例えばパナソニックの太陽光発電システムは、自然災害に対しても15年の補償が付いているよ!

パナソニックのメーカー保証は、地震や盗難については補償外であるものの、本来なら火災保険の補償範囲をカバーしてくれているため、加入すべき保険を軽くできるでしょう。

ほかのメーカーを利用する際も、自然災害をカバーしてくれるか、販売店に確認してみると良いです。

メーカー補償や加入済みの保険内容を確認し、重複しているサービスに申し込まないようにすれば、最低限の保険料でトラブルに備えられます。

居住地域の災害リスクを把握する

自宅の災害リスクを考慮したうえで、必要な保険を選びましょう。

居住地によって、備えるべき災害リスクは異なるためです。

例えば沖縄に住んでいるなら台風に備えるべきですが、北海道であれば台風より雪害への備えが重要でしょう。

自治体が公開しているハザードマップを活用し、居住地域の災害リスクを把握したうえで、火災保険や地震保険の加入を検討しましょう。

火災保険と地震保険の保証内容の違いを、下記の表にまとめました。

火災保険の保証内容例地震保険の保証内容例
  • 火災
  • 落雷
  • 爆発
  • 風災
  • 雪災
  • 洪水
  • 盗難
  • 破損
    など

 

  • 地震
  • 噴火
  • 津波
  • 地震による火災
    など
ひかり
ひかり

特に火山や海沿いに近い住宅であれば、地震保険の加入を検討したほうが良いね!

てんか
てんか

自治体のハザードマップを使えば、災害時の震度や家屋全壊率なども分かるから、日頃から備えておこう♪

災害リスクを考慮したうえで、居住地域に合った保険を選びましょう。

第三者への人的被害リスクを考える

第三者への人的被害リスクが高いなら、損害賠償保険への加入を検討すべきです。

太陽光発電システムが第三者へ損害を与えた場合、修理費や治療費を支払わなければなりません。

台風や強風により太陽光パネルが破損すると、周囲の住民に怪我や感電のリスクがあります。

メガソーラーのパネルが台風で飛ばされた事故事例

台風で太陽光パネルが飛んだ事故事例3

引用:JAPAN UPDATE

てんか
てんか

反対に、郊外に住んでいて隣家との距離が非常に遠いのであれば、人的被害のリスクは比較的低いといえるよね!

第三者への人的被害リスクがどれくらいなのか把握し、ケースに応じて損害賠償保険に加入しましょう。

保険料を比較する

最後に、支払う保険料の金額も重要なポイントです。

例えば三井住友海上火災保険と、ソニー損保で火災・地震の保険をシミュレーションすると、下記の結果が算出されました。

建物の構造や所在地などを同じにして算出
保険名三井住友海上火災保険ソニー損保
1年98,310円71,876円
5年491,550円359,380円

1年で見ると26,000円ほどの差額ですが、保険加入期間が長期に渡れば、大きな開きが出ます。

もちろん細かい点で異なるところはあるものの、最終的には保険料の負担も考えて、保険を選ぶと良いでしょう。

太陽光発電の保険を提供している保険会社

この項目では、太陽光発電にも使える保険を提供している会社として、下記の5つを紹介していきます。

  • 三井住友海上火災保険
  • 損保ジャパン
  • 東京海上日動
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • ソニー損保

三井住友海上火災保険

三井住友海上火災保険で、ソーラーパネルに適用できる保険は、下記のとおりです。

  • GK すまいの保険
  • GK すまいの保険 グランド

なお、「特定機械設備水災補償特約」をつければ、水災の事故条件に該当しない場合でも、洪水や土砂崩れによる補償として保険金が支払われます。

公式サイトによれば、「GK すまいの保険」の保険料例は下記のとおりです。

所在地東京都
タイプ持ち家・戸建て
構造木造:H構造
延床面積100㎡
建築年月2022年10月
建物の保険金2,000万円
家財の保険金1,000万円
1年の保険料:地震保険とセットの場合98,310円

損保ジャパン

損保ジャパンで、ソーラーパネルに適用できる保険は、下記のとおりです。

  • 火災保険
  • 地震保険

公式サイトの「保険料クイック試算」を使ったシミュレーション結果を、下記の表にまとめました。

所在地東京都
タイプ持ち家・戸建て
構造木造:H構造
延床面積100㎡
建築年月2022年10月
建物の保険金2,000万円
家財の保険金1,000万円
1年の保険料:地震保険とセットの場合77,320円(ベーシックⅱ型)

東京海上日動

東京海上日動では、ソーラーパネルに火災保険を適用できます。

プラン例やシミュレーション機能は、公式サイトにありませんでした。

あいおいニッセイ同和損害保険

あいおいニッセイ同和損害保険では、ソーラーパネルに火災保険を適用できます。

公式サイトには、火災保険のシミュレーション機能はありませんでしたが、地震保険のみ試算できました。

所在地東京都
タイプ持ち家・戸建て
構造木造
建物の火災保険金2,000万円
家財の火災保険金1,000万円
1年の保険料:地震保険のみ24,660円~41,100円(建物)
12,330円~20,550円(家財)

ソニー損保

ソニー損保では、ソーラーパネルに火災保険を適用でき、過去には雹災で補償を受けている事例もあります。

公式サイトでシミュレーションした結果を、下記の表にまとめました。

所在地東京都
タイプ持ち家・戸建て
構造木造:H構造
延床面積100㎡
建築年月2022年10月1日
建物の保険金2,000万円
家財の保険金1,000万円
1年の保険料:地震保険とセットの場合71,876円(水災補償なし)

太陽光発電の保険を適用させる手順

この項目では、太陽光発電の保険を適用させる手順をまとめています。

  1. 保険会社へ連絡
  2. 施工業者に修理見積もり
  3. 必要書類を提出
  4. 保険会社による調査・説明
  5. 保険金の支払い額の通知
  6. 施工業者へ修理依頼

万が一のトラブルで慌てないように、今のうちに手順をチェックしておきましょう。

保険会社へ連絡

メーカー保証外のトラブルが発生したら、まずは保険会社へ連絡しましょう。

ひかり
ひかり

必要な準備は、オペレーターが案内してくれるよ♪

災害時は、保険会社の連絡先がすぐに見つけられない可能性もあります。

スマホに連絡先を登録したり、いつでも見える位置に電話番号のメモを貼っておくと、いざというときに慌てず済みます。

施工業者に修理見積もり

次に、施工業者に修理や交換を見積もってもらいましょう。

この段階で、見積書と損害状況が分かる写真を準備します。

保険金の金額に影響するため、写真は損害部分がよく分かるように撮影してもらいましょう。

てんか
てんか

屋根上の写真を自分で撮影できないときは、無理せず業者に頼ろうね!

必要書類を提出

保険の手続きに必要な書類は、下記のとおりです。

書類名もらえる場所
保険金請求書保険会社(所定の書類)
印鑑証明書区役所等の窓口、コンビニエンスストアなど
委任状自作
罹災証明書自然災害:自治体
火災:消防署
事故内容報告書保険会社(所定の書類)
建物登記簿謄本法務局
修理見積書メーカー・施工業者
損害明細書保険会社(所定の書類)
写真自分で撮影
場所によっては業者に依頼して撮影してもらう
保険金直接支払指図書または証保険会社(所定の書類)

場合によっては、追加の書類提出を求められます。

保険会社による調査・説明

書類を提出したあとは、保険会社による契約の説明や、損害の状況調査の段階です。

保険金の支払い額の通知

保険金の支払額が決定されたら、通知が入ります。

保険の請求手続き期間は30日以内と定められているため、およそ1ヶ月で保険金を受け取れます。

ただし、権利発生から3年以内に請求しないと、時効になるので注意が必要です。

施工業者へ修理依頼

保険金を無事に受け取れたら、施工業者へ修理依頼を行いましょう。

以上が、太陽光発電のトラブル発生時に保険を適用させる流れです。

太陽光発電の保険はトラブル発生時の味方

本記事では、太陽光発電の保険について、トラブル例や選び方にも触れながら解説してきました。

太陽光発電を導入するなら、メーカー補償外の事態に備えて、保険に加入しておくべきです。

メーカー保証には、製品保証と出力保証がありますが、破損や盗難には対応できません。

また、近年増加傾向にある自然災害では、破損したパネルが飛散するケースがあり、第三者への損害リスクもあります。

賠償責任保険や休業保険も視野に入れつつ、太陽光発電の保険を検討しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました