PR

東京ガスの電気の評判&口コミは悪い?高すぎる?メリットを解説

東京ガスの電気の評判&口コミは悪い 電力会社
ひかり
ひかり

東京ガスの電気は高すぎるって、事実なの!?

てんか
てんか

メリット・デメリットを徹底解説しているから、早速見てみよう♪

評判&口コミも参考にしてね!

30秒でサクッと見積もり可能
ソーラーパートナーズ

東京ガスの電気は高すぎる?悪い評判&口コミ

東京ガスの電気は高すぎる?悪い評判&口コミ

東京ガスの電気代が高すぎる!という悲鳴に近い声が複数あります。インフレの背景もありますが、電気代が高騰する冬の時期をどう乗り越えるかが、利用者たちの喫緊の課題となっています。

電気は生活に欠かせない重要なインフラのひとつです。越冬の手段を模索する不安気なコメントを、早速覗いてみましょう。

高すぎる

投稿者は、電気代が高さが理由で、東京ガスから東京電力への乗り換えを検討しています。東京ガスは、ガスと電気をまとめて支払う「セット割」に契約することで、電気代の0.50%が割り引かれお得さをアピールしていますが、お得と感じるかどうかは消費者の使用量次第で、中には割高に感じる人も少なくないようです。

東京電力と東京ガスではどちらがお得なのか、乗り換え時期を見定めるためにも、SNSなどでキャンペーン情報をこまめにチェックしておくと良いでしょう。

電話対応が微妙

電話対応が微妙だったという理由で、東京ガスの解約を決意した投稿者。具体的にどんな対応が不満だったのかは定かではありませんが、電気代云々よりもスタッフの質が原因で契約が帳消しにされる業界のシビアさを示唆しています。

とはいえ、契約期間の縛りや違約金も一切発生しないので、気軽に電力会社を切り替えられる点は消費者にとって都合が良いと言えますね。

サービスが悪くなってきた

x.com

ポイント制度が次々に終了していることに危機感を感じている投稿者。これは投稿者のみならず、ポイ活で小銭を稼いでいる人たちにとって、由々しき問題となっています。

現在、多くの電力会社がインフレなどを背景に、ポイント制度の改悪や燃料費調整額の上限撤廃などを進めていますので、ネット上の口コミ情報だけでなく、公式サイトで最新情報をこまめに確認しておくことも大切です。

東京ガスの電気の良い評判&口コミ

東京ガスの電気の良い評判&口コミ

東京ガスに対する辛口コメントがある一方で、良きコメントも多数あります。とりわけ電気代の安さやオペレーターの質など総合的に好評となっており、日本最大手の看板に甘んじない姿勢(自助努力)も重視すべきポイントとなっています。

三者三様の満足ポイントを、それぞれ確認していきましょう。

安い

東京電力と東京ガスの電気代を比較し、東京ガスの安さを発見した投稿者。コメントにあるように、電気使用量の多い人(ファミリー世帯)ほど、電気代への影響が大きくなるのが東京ガスの特徴です。

投稿者のように、複数業者の電気代をシミュレーションするなどして、自分の暮らしに合ったプランを見つけ出すことが成功への近道と言えるでしょう。

乗り換えて良かった

東京ガスに乗り換えたことで、電気代が安くなったと満足している投稿者。電気とガスの支払いをまとめたセット割を活用したり、お得なキャンペーン企画に参加することで電気代を抑えることが可能です。

電気代が安くなったことは大変喜ばしいことですが、今後のことを考えると「電気代が安くてたまたまラッキーだった」で終わるのはもったいないこと。多少面倒ではありますが、過去の電気代と比較したり、電気代が安くなった理由(背景)を確認しておくと良いですね。

キャンペーンでポイントが貰える

https://twitter.com/narutae/status/1692343640000278802

投稿者がコメントしているポイントキャンペーン「パッチョポイント」は、電気代・ガス代の支払いだけでなく、毎月実施されるクイズやアンケートにエントリーするだけでポイントが付与されるというお得感満載の企画です。

知識は実践してこそ意味を為します。日々のランニングコストを削減しつつも、心豊かなに暮らすために、節約に成功している人たちの実践例を積極的に取り入れていきましょう。

オペレーターの対応が良い

https://twitter.com/JESSICA__dirt/status/1615600097399799812

オペレーターの対応が良かったことから、東京ガスへの乗り換えを決意した投稿者。コメントのように、スタッフが真摯に対応してくれると、会社に対する好感度も信頼感もアップします。

コールセンターで働く人たちは(現時点において)AIロボットではないので、説明力や対応力はその人の人柄やスキルに差があって当然ですが、東京ガスのように相手のことを思いやれる良心的な会社を選びたいものですね。

東京ガスの特長やメリット

東京ガスの特長やメリット

東京ガスは、都市ガス事業者として世界最大・日本最大手という確固たる地位を確立しており、ブレない安定感や選択肢の多さが、他社にはない大きな魅力となっています。

個人のニーズに合わせたさまざまなコンテンツも人気となっており、電気代のお得さ以上に心の豊かさをも与えてくれる存在となっています。早速、東京ガスのメリットを確認していきましょう。

ガスと電気のセットで0.5%割引される

東京ガスでは、ガスと電気をまとめて支払う「セット割」がお得です。

セット割では、電気料金1契約ごとに、基本料金と電力量料金の税込合計額に0.5%を乗じた金額が割引(割引額は小数点以下切り捨て)されます。例えば、電気代が月々10,000円の世帯の場合、年間で600円の節約になるというわけです。

電気代が若干節約できるうえ、ガスと電気の一括払いが可能なので、それぞれに家計簿を作成する必要がなく、管理が確実に楽になるでしょう。ただし、割引が適用されるのは電気代のみで、ガス代は割引されないのでご注意を。

貯めたポイントが交換できる

東京ガスが独自に設けたキャンペーン「パッチョポイント」が好評です。貯まったポイントは提携ポイントに交換でき他サービスに利用できるので、ポイ活好きな人におすすめです。「パッチョポイント」の主な内容は、以下のとおり。

項目 贈呈されるポイント 対象
料金・使用量確認ポイント 50ポイント/月 ガス・電気の契約者
クイズ回答ポイント 50ポイント/回 ガス・電気の契約者
パッチョスロット 最大100ポイント ガス・電気の契約者
ガス料金連動ポイント 毎月のガス料金1,000円ごとに5ポイント 「ずっともガス」の契約者
ガス・電気セットポイント 毎月のガス料金1,000円ごとに15ポイント ガス・電気の契約者

貯まったポイントは、以下の提携ポイント(計9種類)に交換でき、500ポイント(500円)単位で利用可能です。

  • nanaco
  • Ponta
  • dポイント
  • Tポイント
  • 楽天ポイント
  • KEIO POINT
  • KEIKYU PREMIERE POINT
  • WAONポイント
  • MI POINT

LINE連携で支払いができる

一般的に、支払い方法をクレジットカードだけに限定している新電力会社が多い中、東京ガスでは支払い方法が充実している点も大きな特徴です。4種類の支払い(クレジットカード、口座振替、払込書払い、LINE Payオンライン)が可能で、LINE連携で支払えるのは東京ガスの特権と言えるでしょう。

公式LINEと「myTOKYOGAS」を連携させることで、ガスと電気の料金確認からお支払いまで完結できます。LINEと連携させておけば、LINE上で過去の料金履歴が確認できたり、料金確定のお知らせが自動的に届くので、手軽で便利です。

専用アプリのお役立ち機能が多い

東京ガスのオンライン会員サービス「myTOKYOGAS」では、暮らしに役立つコンテンツが充実しています。アドバイスやサポートが受け取れる専用アプリの一例は、以下のとおり。日々の暮らしに彩と充足感を与えてくれるでしょう。

項目 内容
省エネアドバイス 季節ごとに個人に合わせた
アドバイスを提供
頑張るあなたに贈る癒しボイス 豪華声優陣のボイスで
一息できる時間を提供
恋愛ゲームアプリ 「ふろ恋 私だけの入浴執事」では、
入浴による癒しの時間を提供
電気使い過ぎ予報 予測使用料が節電目標を超えそうなときに
メールで通知
クラシル 「人気順検索」と「人気ランキング」の
プレミアムサービスが利用可
遊べる絵本アプリ 絵本が聴ける、声で遊べる、
親子のための絵本アプリ
東京ガスWebショップ 暮らしに役立つ商品を
購入から設置までサポート

事業基盤が安定している

多くの新電力会社では「卸電力取引所」という市場から電気を購入しており、昨今の燃料費高騰で値上げや事業の撤退が強いられている現状において、東京ガスは自社で電気を調達できるので事業基盤が安定している点も心強いですね。

東京ガスでは、自社の火力発電所を4ヶ所に加え、燃料の天然ガス(LNG)を自社で8割以上も賄っています。日本最大手の都市ガス事業者として、電力の事業撤退の可能性が低い電力会社とされていますから、将来を見据えて安定した電力供給が望めるでしょう。

オール電化向けのプランがある

東京ガスには、オール電化住宅向けの料金プランがあり、東京電力「スマートライフS/L」の料金よりも1%お得に設定されています。

例えば、東京電力エナジーパートナーの「スマートライフS/L」にて、年間電気料金296,400円のユーザーが、東京ガスの「時間帯別プラン」(2023年9月時点)に切替える場合、年間約3,000円の削減(年間使用量8,000kWh/年、契約容量8kVAで試算)が期待できる計算です。

東京電力エリアの料金単価は、以下から確認できます。

項目 内容
東京電力エリア 時間帯別プラン

なお、ネットで「東京ガス/オール電化」で検索すると、上位記事のなかには「東京ガスは、オール電化に対応していない」と書かれた記事内容もありますが、書かれた時期が古い可能性がありますので、ご注意ください。

東京ガスのデメリット

東京ガスのデメリット

東京ガスの電気は、限られた人たちのためのサービス体制というイメージが強く、全国レベルで体制を整えている新電力会社と比べると不便さを感じるでしょう。

どんな点が限定的なのか、ユーザー(二人)の感想コメントを踏まえつつ、確認していきましょう。

対応エリアが狭い

東京ガスの電気に対応しているエリアは関東エリアに限定されており、当然のことながら関東エリア以外にお住まいの人は、東京ガスの電気に申し込めません。

全国を対象にサービス展開をしている新電力会社が多い中で、対応エリアが限られているのは大きなデメリットと言えるでしょう。

新電力よりは高い

東京ガスの電気料金は、決して高いというわけではありませんが、ほかの新電力と比べて最安値というわけでもありません。

とにかく電気料金の安さを求めている人は、東京ガス以外にも新電力会社の電気代と比較されることをおすすめします。

営業電話の評判が悪い

https://twitter.com/chiot_god_eater/status/1675747893045780481

SNS上での口コミでは、上記のような営業電話に対するクレームが複数あり、東京ガス=しつこいというイメージが根付いてしまっているようです。

もちろん電話営業を行っている電力会社はほかにもたくさんありますので、東京ガスだけでなく、自分にとって不要な営業話だと感じたら、丁寧にはっきりと断りましょう。

東京電力と東京ガス|まとめるならどっち?

東京電力と東京ガス|まとめるならどっち?

両方の公式サイトでは、「東京電力/東京ガスより〇%お得」といったPRがそれぞれなされており、結局どちらがお得なのか疑問に感じるところでしょう。

ここでは、東京電力と東京ガスの電気代・ガス代・サービスについて比較調査しています。お住まい世帯の人数や電灯の使用状況に反映されますので、以下はあくまで傾向を把握するための参考程度にご覧ください。

電気代で比較

結論から申し上げると、使用量が多い(電気をたくさん使う)家庭ほど、東京ガスの方がお得です。

東京電力「スタンダードS」と東京ガスの「基本プラン」を比較した場合、一般家庭の基本料金は両方とも同じ金額ですが、従量料金(電力量料金)は、東京電力よりも東京ガスの方が1kWhあたり最大5円近くも安くなっています。

1kWhあたり最大5円ほど割安ということは、使用量が多ければそれだけ両社の差額も大きくなります。例えば、5人家族(50A契約・500kWh)の場合、東京電力よりも東京ガスの方が月々1,800円程度も安くなる計算です。

ガス代で比較

東京電力の「とくとくガスプラン」と東京ガスの「ずっともガス」を比較すると、基本料金・従量料金(電力量料金)ともに東京電力の方が安くなっています。

東京電力の公式HPを見ても、東京ガスの一般料金と比べておよそ3%安いことが記載されています。基本料金が安いので、単身者もファミリー層も世帯の人数を問わず、東電の方がお得だというわけです。

サービスで比較

万が一の生活トラブルに応急処置してくれるのが「駆けつけサービス」です。両社のサービス比較は、以下のとおり。東京ガスも東京電力も月額有料ですが、東電の方が安くて対応内容も充実しています。

項目 東京電力 東京ガス
サービス名 「生活駆けつけサービス」 「水とでんきの駆けつけサービス」
月額 300円 385円
内容
  • 水回り
  • 窓ガラス
  • 電気設備
  • 水回り
  • 電気設備
無料対応の範囲  

  • 出張費用
  • 90分(電気設備は60分)までの作業費
  • 部品代(20,000円まで)
  • 24時間365日対応
  • 作業料・出張料

東京ガスの駆けつけサービスへの加入条件は、「東京ガスのガスを利用していること」となっており、電気だけの契約では対応してもらえませんのでご注意ください。

東京ガスの電気の向く人・向かない人

東京ガスの電気の向く人・向かない人

日本在住の人は主に2種類に分けられます。東京ガスの電気に「向く人」と「向かなない人」です。

地理的条件の違いや価値観の違いが、向き不向きを決定付けています。あなたはどちらに分類されるか、下の表をチェックしてみましょう。

向く人 向かない人
  • 対応エリアに住んでいる
  • ポイ活をしている
  • 信頼できる大手会社と契約したい
  • 対応エリア外に住んでいる
  • とにかく格安で電気を使用したい

向いている人

東京ガスの電気に加入できるのは、関東地方を中心とした一都八県となっています。さらにガス・電気のセット割が利用できる人は、条件をクリアしている「東京ガスのエリア(一都六県)+東京ガスの電気のエリア(一都八県)」となっていますから、対応エリアに住んでいる人は非常に向いています。

また東京ガスでは、電気代の支払いなどで毎月ポイントが貯められますので、ポイント還元が好きな人にもおすすめです。

何より東京ガスは、首都圏で最大規模の自社発電所を保有しており、将来を見据えた安心と安定が大きな魅力ですので、信頼できる大手会社と契約したい人にぴったりの会社と言えるでしょう。

向いていない人

まず、東京ガスのエリアに居住していない人は、向いていません。さらに山梨県・静岡県在住の人は要注意。この2県の人は、東京ガスの電気は契約できますが、ガスの契約およびセット割は利用できませんのでご注意ください。

東京ガスの電気は単体でもお得ですが、ガス・電気のセット割がないと他社より高くなる可能性があります。そのため、とにかく格安で電気を使用したい人は新電力を検討したほうが良いでしょう。

東京ガスの電気によくある質問

東京ガスの電気によくある質問

価格の疑問やトラブル対応については電話対応も可能ですが、時間帯(平日夕方・土日午前中など)によっては大変込み合い、お客さまセンターの窓口になかなか繋がらないことも多いものです。

緊急時には電話対応がベストですが、急ぎでなければネットで対応しましょう。ここでは、「よくある質問」を知り、スムーズに申込み手続きが行えるよう最初の流れを確認しておきましょう。

申込みに必要なものは?

Webの申込みフォームでは、24時間365日申込みを受付けています。申し込みの際、以下の2点が必要です。

  • 電力会社からの検針票
  • クレジットカード情報or口座情報

現在、東京ガスを利用している方は「東京ガスからの検針票」も手元に用意してください。

支払い方法は?

東京ガスの電気の支払い方法は、以下の3パターンがあります。使用可能なクレジットカード(VISA・JCBなど)は22種類となっており、大抵のクレジットカードに対応しているので安心です。

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 払込書

なお、スマートフォンのアプリを利用して支払うことも可能です。払込書に印字されているバーコードをスマホで読み取り、以下のステップ(段階)を踏めば簡単に完了します。

  1. 利用するスマホのアプリを選択
  2. お客様情報を入力
  3. 支払書を読み取り決済

利用できるアプリは、以下のとおり。

  • エポス
  • d払い
  • ファミペイ
  • au PAY
  • 楽天銀行
  • PayPay
  • LINE Pay請求書払い
  • PayB

キャンペーン情報はどこで確認できる?

東京ガスのお得なキャンペーン情報は、公式サイトのマイページ「myTOKYOGAS」で確認できるほか、InstagramやX(旧Twitter)などの公式SNSでも情報が発信されています。

エントリー期間が限られているレアなキャンペーンや特典企画を見逃したくない人は、公式SNSに登録しておくと良いでしょう。

対応エリアは?

「東京ガス」と「東京ガスの電気」の対応エリアは微妙に異なっていますので、引っ越しの際には気を付けましょう。東京ガスの対応エリアは、以下のとおり、首都圏を中心とする一都六県です。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 栃木県
  • 茨城県
  • 群馬県

一方、「東京ガスの電気」の対象エリアは一都八県(以下参照)となっており、「東京ガス」エリアに加えて、山梨県と静岡県が含まれます。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 山梨県
  • 静岡県(富士川以東)

つまり、山梨県と静岡県の人は、東京ガスで電気は申し込めても、ガスは申し込めないということです。そのため、ガスと電気のセット割も契約できませんので、2県に引越しされる人はご注意ください。

東京ガスの会社概要

東京ガスの会社概要

東京ガスは、1885年10月に東京瓦斯会社として創立。初代社長は、渋沢栄一が務めています。現在は、日本最大手の都市ガス事業者として、CM・広告などでは「TOKYO GΛS」のロゴマークと合わせて表記されることが多いです。

東京ガスは企業グループ全体で、「LNGバリューチェーン」に取り組んでおり、天然ガスをはじめとする資源原料の調達から製造、供給、販売、電力供給、エネルギーソリューションの提供まで一貫して行い、2007年には、都市ガスの設置実績が1000万件を突破しています。

2016年4月には電力自由化を受けて新電力サービスを開始し、「東京ガスの電気」という電力サービスを提供。2022年度の総売上は、3兆2,896億円となっています。

主要事業

東京ガスでは、主に以下の事業を行っています。

項目 内容
エネルギー&
ソリューション事業
  • 都市ガスの製造および販売
  • LNG販売
  • 電気の製造・供給および販売
  • エンジニアリングソリューション事業
  • ガス器具、ガス工事、建設
ネットワーク事業
  • ガス導管事業
  • 都市ガス供給事業
海外事業
  • 海外における上流事業
  • 中下流事業
都市ビジネス事業
  • 不動産開発
  • 土地・建物の賃貸・管理

会社情報

東京ガスの会社概要は、以下のとおり。

項目 内容
会社名 東京ガス株式会社(東京瓦斯株式会社)
本社所在地 東京都港区海岸1-5-20
設立年 明治18(1885)年10月1日
資本金 1,418億円
代表者 会長:内田 高史
CEO:笹山 晋一

東京ガスの電気の評判は料金が安くて好評

東京ガスの電気の評判は料金が安くて好評

東京ガスの電気の評判は料金の安さが好評となっており、特に電気使用量(契約アンペア数)の多い人にとってお得度が高くなっています。

人の暮らしは十人十色。1人暮らし・ファミリー世帯なのかによってもお得度が変わってきますから、ネット上にある電気料金シミュレーションなどを活用して、自分に合った光熱費の料金プランを探し出すことが大切です。

TOP