小型ソーラーパネルの価格相場|タイプ別に値段を紹介します!

小型ソーラーパネルの価格相場|タイプ別に値段を紹介します!価格・コスト
ひかり
ひかり

ソーラーパネルって、小型のタイプもあるの?

てんか
てんか

もちろんあるよ!最近は、用途に合わせた色々なタイプのソーラーパネルがあるから、とても便利なんだよね♬

ひかり
ひかり

そうなんだね!小型のタイプなら、屋根に乗せるタイプよりも安く買えるのかな?

てんか
てんか

そこは気になるところだよね!小型のソーラーパネルの購入を検討している人のために、気になる種類や価格をお届けするね!

小型ソーラーパネルの価格は?

小型ソーラーパネルの価格は?

近年のアウトドアや車中泊ブームの影響で、小型ソーラーパネルの需要が高まっています。

そこで気になるのは、小型タイプのソーラーパネルは、幾らで購入ができるのかということでしょう。

結論をお伝えしますと、安いタイプで1000円から、高性能のタイプなら10万円以上します。

ひかり
ひかり

随分とバラつきがあるね!これじゃ、あんまり参考にならないよ!

ご安心ください。バラつきがあるのは、それぞれ使用する用途が異なるからです。

ここからは、用途別に小型ソーラーパネルの種類と価格をご説明します。

小型ソーラーパネルの種類と価格

小型ソーラーパネルの種類と価格

小型ソーラーパネルの種類は、以下のとおりです。

  • フレキシブルソーラーパネル
  • 折り畳み式ソーラーパネル
  • モバイルバッテリー型

それぞれ、詳しく解説をしていきます。

フレキシブルソーラーパネル

フレキシブルソーラーパネルとは、折り曲げることが可能な、シート状のソーラーパネルです。

 

太陽光発電のフレキシブルソーラーパネル

引用:株式会社マッキンエナジージャパン

滑らかな曲線を描くことができるので、カーブ状の壁面や、車のボディーなどにも固定することができます。

気になる本体価格ですが、単結晶50W・18Vタイプで、約1,5000~2,0000円で購入することができます。

ひかり
ひかり

単結晶っていうのは、結晶が規則正しく並んでいて、発動効率が高く、おまけに発電ロスが少ない、優れもののソーラーパネルなんだよ♬

 

50Wですと、1日の発電量は約150Whほどですので、発電した電力で50Wのテレビを使用する場合、約3時間程度は使用できる計算になります。

てんか
てんか

発電量は、天候や、日射量に左右されるから、上記はあくまで1例だと思ってね!

フレキシブルソーラーパネルは、施工性の高さから、キャンピングカーや、ベランダに設置する方が多く、近年、様々なメーカーから発売されています。

発電量やサイズが大きくなるほど値段も上がっていきます。高性能なタイプですと、10万円以上する商品もあります。

ご自分のライフスタイルに合わせたタイプを選択してください。

折り畳み式ソーラーパネル

折り畳み式ソーラーパネルは、その名のとおり、折り畳むことのできるソーラーパネルです。

下の画像のタイプは、真ん中から半分に折り畳むことができます。

 

太陽光発電のソーラーパネルをベランダに置く

引用:JVC

収納性に優れており、持ち運びに便利なことから、近年、アウトドアには欠かせないアイテムとなっています。

本体価格は、安いタイプなら50Wの発電量でも1万円以下で購入することができます。

先に述べたフレキシブルソーラーパネルと同じように、性能が上がれば、その分値段も上がっていきます。

ひかり
ひかり

安いけど、あくまでもソーラーパネル本体の価格だからね!

てんか
てんか

発電した電力を使うための機器は、別に購入する必要があるから注意してね!

キャンプの際に持ち込めば、車の中でテレビを見たり、電気調理器具を使って料理をすることもできます。

モバイルバッテリー型

モバイルバッテリー型とは、軽量型の小型ソーラーパネルと、同じく軽量型のバッテリーが一体化したタイプのソーラーパネルです。

 

太陽光発電の小型ソーラーパネル

引用:快晴ブログ

外出先で手軽に発電と蓄電を行うことができ、ケーブル類を接続することで、スマートフォンなど小型の電気機器を充電することができます。

本体価格は、約2,000円程ですので、手軽に購入することができます。

ひかり
ひかり

ここまで小さければズボンのポケットにも入るし、もしものときの備えとして、準備しておくといいかもね!

ここまで、小型ソーラーパネルの種類と値段を解説してきましたが、製品の性能だけでなく、保証期間もしっかりチェックしてください。

保証期間は、最低でも1年はほしいところです。

てんか
てんか

インターネットのショッピングサイトで購入する際は、必ず購入者のクチコミをチェックしてね!実際に使用した人の声は、とてもリアルで貴重な意見だよ!

小型ソーラーパネルは自作できるのか

小型ソーラーパネルは自作できるのか

小型のソーラーパネルは、自作することも可能です。

自作する際に必要な機器は、以下のとおり。

  • 太陽電池モジュール(ソーラーパネル)
  • チャージコントローラー
  • インバーター

それぞれ、詳しく解説をしていきます。

太陽電池モジュール(ソーラーパネル)

太陽電池モジュールとは、ソーラーパネルのことを指します。

小型のソーラーパネルを自作する際、オススメなのは、先にお伝えした、フレキシブルソーラーパネルと、折り畳み式のソーラーパネルです。

なぜなら、モバイルバッテリー型のように、あまりにソーラーパネルのサイズが小さいと、満足な発電量を得られないからです。

発電した電力で、一般家庭の家電製品を使用するには、最低でも50Wの発電力はほしいところです。

小型のソーラーパネルでも、数を増やせば発電量を補うことはできますが、それでは導入コストが掛かってしまいます。

ひかり
ひかり

小さいタイプをたくさん買うより、大きなサイズを1つ買ったほうが、結果的に安上がりだったりするよね!

てんか
てんか

おまけに、数が増えれば設置面積も余分に占められちゃうしね!フレキシブルソーラーパネルなら壁面にも設置できるから、設置場所の確保が簡単だね♬

一般的な電化製品の消費電力を載せておきますので、太陽電池モジュール選びの参考にしてください。

 

家電アンペア(A)数消費電力 / ワット(W)数
電子レンジ15A1,500W
ジャー炊飯器13A1,300W
ドライヤー12A1,200W
エアコン6.6A660W
冷蔵庫(450L)2.5A250W
液晶テレビ(42型)2.1A210W

引用:環境省

チャージコントローラー

チャージコントローラーとは、ソーラーパネルで発電した電力を、バッテリーに充電するための装置です。

 

太陽光発電のソーラーパネルをチャージコントローラーに繋ぐ

引用:僕らのガレージ

ひかり
ひかり

でもさ、いちいちチャージコントローラーを接続しなくても、ソーラーパネルを直接バッテリーに繋いでもいいんじゃないの?

てんか
てんか

そんなことしたらダメだよ!バッテリーが故障するリスクがあるし、最悪の場合、火災が発生することだってあるんだよ!

チャージコントローラーを設置せず、直接ソーラーパネルとバッテリーを接続した場合、以下のような危険性があります。

  • 過充電になる
    ⇒ ソーラーパネルとバッテリーを直接繋げると、充電が満タンになっても電圧が上がり続けてしまう
  • 過電流になる
    ⇒ 最大電圧を超えて電流が流れ続け、充電時に発生するガスが増え、膨張・爆発に繋がる危険性がある
  • 電力が逆流する
    ⇒ バッテリー側からソーラーパネルに電力が逆流してしまい、バッテリーに貯められた電力を無駄に放電してしまう

それぞれ、バッテリーの故障だけでなく、重大な事故を招く危険な現象です。

これらのリスクを未然に防ぐためにも、チャージコントローラーが必要になります。

インバーター

インバーターとは、ソーラーパネルで発電した直流電力を、一般家庭で自家消費できる、100Vの交流電力に変換する装置です。

流れとしては、以下のようになります。

ソーラーパネルで直流電力を発電 ⇒ バッテリーに蓄電 ⇒ インバーターで100Vの交流電力に変換 ⇒ 自家消費

 

太陽光発電のソーラーパネルをインバーターに接続

引用:Daily Leave ~ 日々の暇に

つまり、インバーターは、パワーコンディショナーの役割を果たしていることになります。

ひかり
ひかり

屋根に乗っているソーラーパネルと同じだね!インバーターや、パワーコンディショナーのおかげで、発電した電力を使うことができるんだよ!

太陽光発電システムのパワーコンディショナーとは?

引用:CHANGE

ここまで、小型のソーラーパネルを自作するために、必要な機器を解説してきました。

ベランダや車の屋根など、人の手が届く範囲であれば、小型のソーラーパネルは、案外簡単に作成と設置が可能です。

ですが、自宅の屋根に設置する場合は、必ず専門の業者に依頼をしてください。

設置方法が大掛かりで、複雑なことに加え、万が一屋根から落下したら命に関わります。

費用面でも、近頃は丁寧な工事を、安く請け負っている業者がいますので、複数の業者に見積もりを依頼して、内容を見比べてみてください。

意外と「こんなものか」という金額でソーラーパネルの取り付けが可能かもしれません。

小型ソーラーパネルの価格 まとめ

小型ソーラーパネルの価格 まとめ

ここまで、小型ソーラーパネルの種類と、価格を解説してきました。

まとめると、以下のようになります。

小型ソーラーパネルの種類と価格

  • フレキシブルソーラーパネル ⇒ 単結晶50W・18Vタイプで、約1,5000~2,0000円
  • 折り畳み式ソーラーパネル ⇒ 50Wの発電量でも、1万円以下
  • モバイルバッテリー型 ⇒ 約2,000円

小型ソーラーパネルを自作するために必要な機器

  • 太陽電池モジュール(ソーラーパネル)
  • チャージコントローラー
  • インバーター

小型のソーラーパネルは、使い方次第では、非常に便利なアイテムです。

ぜひ、ご自分のライフスタイルに合ったタイプを探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました