シャープ太陽光発電撤退?!今後の保証はなくなる?

カーミラ
カーミラ

シャープが太陽光発電から撤退するのでは?という記事を目にして心配している人いるんじゃないかな?

セクメト
セクメト

そうよね。東京新聞webにて「経営再建中のシャープは太陽光パネル事業から撤退し、事業をソーラーフロンティアに売却する方向で調整に入った」と言う記事が数年前にあったわね。

カーミラ
カーミラ

しかも、2016年8月13日の日本経済新聞ではシャープが12日に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループによる買収が完了したと発表の記事もあったよね!

セクメト
セクメト

今回はそんなシャープの太陽光発電撤退の事や鴻海買収、今後の保証等どうなるのかをご紹介していくわね♪

シャープの太陽光発電は撤退するのか?!

シャープは国内でもトップクラスの太陽光パネルメーカーですが、液晶パネル採算性悪化や中国メーカーによる安価な太陽光パネルの出現により、太陽光パネル事業の収益が悪化。

東京新聞webにて「経営再建中のシャープは太陽光パネル事業から撤退し、事業をソーラーフロンティアに売却する方向で調整に入った」との記事もありました。

結果的に太陽光発電から撤退はしませんでしたが、それ以降も経営が悪化し、台湾の鴻海に買収されました。

既にシャープの太陽光パネルを導入しているユーザーからすれば、今後の保証等どうなるのか気になる所です。

カーミラ
カーミラ

鴻海に買収された後の動向がすごい気になるよね!

これからご紹介していくよ!

鴻海に買収されたけどシャープの太陽光発電はどうなるの?

今のところシャープの太陽光発電事業の撤退はないものの、シャープを買収した鴻海は太陽光発電事業の事をどう捉えているのでしょうか。

鴻海精密工業グループの鴻海会長は、「シャープの雇用は最大限守る」と明言していますが、鴻海がシャープを買収した大きな目的の1つはシャープの液晶パネル技術の取得です。

極端な事を言えば、液晶パネル以外の事業はいらないとも取れます。

何らかの方法で、不良債権化している事業は買収後になくなることも考えられるそうです。

そして心強いことに鴻海会長は、「短期間でシャープを黒字化する」とも言っています。

ですが、赤字部門では鴻海会長が不要と判断した事業は廃止、もしくは他社へ売却するのではとの見解もあります。

太陽光事業はそのうちの1つで、「赤字部門の太陽光発電事業以外は残す」との発言もあり、今後はシャープの太陽光発電事業はなくなる可能性があると見られています。

セクメト
セクメト

でも、太陽光パネル自体は現在も健在よ!

シャープ太陽光発電撤退後の保証は?

カーミラ
カーミラ

既にシャープの太陽光発電システムを導入している人や、現在シャープの太陽光パネルを検討している人は今後が気になるよね!

セクメト
セクメト

もしシャープが太陽光発電事業から撤退した場合どうなるのかご紹介するわね♪

今後、鴻海会長の言う通りシャープの太陽光発電事業が売却となれば、国内企業もしくは発展が著しい中国系の企業が考えられるとされています。

どこの企業に売却されたとしてもシャープが太陽光発電から撤退すれば、既に販売された太陽光パネルの保証をシャープは行いません。

カーミラ
カーミラ

じゃあ、売却先の企業が保証してくれるのか気になるよね!

家電製品はメーカー保証が1年ついてたりしますが、その場合もし事業売却されたとしても製品保証は残ることが多いと言われています。

その他の事例でも事業売却先との連携により、製品保証期間内の修理など継続するように努める企業もあり、それを鑑みるとシャープの太陽光発電事業に関しても、他社へ売却されてもメーカー保証期間内ならシャープと売却先企業との間に契約内容としてサポートが継続されることになりそうだと思われます。

その理由として、もし売却後に全てのサポートを打ち切るようであれば、シャープのブランドのイメージが失われ、それが売却先の企業へ影響することもあり得ます。

売却先企業は、そんなことになるリスクは犯すことが出来ないと考えられ、それを踏まえると事業譲渡後もきちんと保証してくれると思われると言われています。

ただ1つ気になる点を挙げれば、太陽光パネル製品の保証年数が一般家電製品よりもかなり長いので、製品保証年数がもしかしたら短くなることもあり得ます。

セクメト
セクメト

あくまで可能性の話だけど、未だ太陽光発電事業がどうなるのかが不透明だったりするわ。

ですがあの一流で有名なシャープですから、既存のお客様を蔑ろにはしないと思われます。

シャープ太陽光発電撤退まとめ

鴻海の事業計画では平成29年3月期に太陽光パネル事業の黒字化を目指す方針でしたが、全体的に黒字になったものの、太陽光パネル事業に関してはマイナスの影響があったようです。

現在も鴻海に買収されてから未だハッキリとしたことがわからない状態ですが、今もシャープの太陽光パネルが販売されていますので、必要以上に不安にならなくても良いかと思います。

今後もシャープの動向などを適度にチェックしておく程度にすることをオススメします。

なにはともあれ、もしシャープが太陽光パネル事業から撤退したとしても、既存のユーザーを蔑ろにすることはないと思われます。

カーミラ
カーミラ

既にシャープの太陽光パネルを導入している人は不安要素はあるかもだけど、無駄に心配する必要はないよ!

セクメト
セクメト

そうよね!今後のシャープの動向をチェックする程度で良いと思うわ♪

タイトルとURLをコピーしました