太陽光パネルの種類8選|利用場所に合った適切な選び方とは?

ひかり
ひかり

太陽光パネルって何種類もあるんだね!

てんか
てんか

そうだよ!それぞれ利用場所に合った特徴があるから、ひとつずつ太陽光パネルの種類を見ていこうね。

太陽光発電の仕組み・構造

太陽光発電は、太陽光(太陽エネルギー)を受け取って、それを電気エネルギーに変換し、家庭や工場などに供給する技術です。

太陽光にパネルには様々な太陽電池(半導体の素材)があり、この半導体に太陽光が当たることによって、電力が発電する仕組みです。

引用:フィールドロジテック

電力が生まれる詳しい仕組みは、まず太陽電池が太陽光を受け取って直流電流を作り出します。そして、その直流電流を変換する為にインバーターを使い、交流電流に変換します。この交流電流を電気回路に供給することにより、家庭や工場などに電力を供給することができるというわけです。

ひかり
ひかり

なんだか難しいけど、とりあえず半導体に光が当たれば発電するのね!

てんか
てんか

そうそう!その光が当たる部分に色々種類があって、それぞれに特徴があるから、それを今から見ていこうね♪

太陽光パネルの種類は主に8種類

太陽光パネルには、それぞれ特徴ある技術が詰まった下記の8種類があります。

  • 単結晶シリコン
  • 多結晶シリコン
  • ヘテロ接合型シリコン
  • アモルファスシリコン
  • CdTe
  • CIS
  • CIGS
  • GaAs

どの太陽光パネルが絶対的に優れているというわけではなく、それぞれの太陽光パネルにメリット・デメリットがありますので、ひとつずつ詳細を見ていきましょう。

単結晶シリコン

単結晶シリコン太陽電池は、電気エネルギーを多く生み出します。

ほかのタイプの太陽電池と比較して非常に効率的であり、太陽光を効率的に取り込めるという理由で、最も一般的に使われています。

単結晶シリコン太陽電池は、高品質な製品を必要とする太陽光発電に適した最も人気のある太陽電池です。

多結晶シリコン

はほかスト

ソーラーパネルの単結晶多結晶の違い|寿命はどれくらい?
ひかり 太陽光発電に使われているソーラーパネルには大きく分けて3種類があるよ! てんか シリコン系、化合物系、有機系ね! ひかり そう...

ヘテロ接合型シリコン

使の効スト

湿の地使

アモルファスシリコン

太陽光を有効に取り込み、変換する能力が高いため、太陽光発電用に広く使用されています。

アモルファスシリコンは、単結晶、多晶、ミクロ晶などの種類があり、それぞれ特徴があります。

単結晶は一番高価であり、多晶は低価格ながら高効率を実現します。また、ミクロ晶は、薄膜太陽電池などに使用されることが多く、低コストで効率的な発電を可能にします。

CdTe

CdTe太陽電池は、非常に高い太陽電池効率を持つ太陽電池です。

CdTe太陽電池は、高い太陽電池効率を実現するために、非常に高い熱容量を持つCdTe材料という素材を使用しています。

CdTe太陽電池は、通常の太陽電池と比較して低いコストで製造できるため、太陽電池市場において非常に重要な役割を果たしています。

また、CdTe太陽電池は、熱容量が非常に高いため、熱的な衝撃に強く、極端な気象条件下でも太陽電池効率を維持することができます。

CIS

CIS(シーアイエス)は、液晶太陽電池とも呼ばれ、したている太陽光パネルです

ガラスやプラスチック素材を用いることで、様々な集光器を使って太陽光を効率よく取り入れることができ、比較的安価な発電技術として非常によく利用される太陽光パネルの形体です。

て、いときる効率高くなっています

CIGS

CIGS(シーアイジーエス)は、Cu(銅)、In(インドium)、Ga(ガリウム)、Se(セレニウム)を混合した合成太陽電池のことです。

CIGS太陽電池は、高温でも高効率を発揮するため、平均気温が高い地域で好んで採用されます。

また、CIGSの太陽光パネルは優れた性能と低コストを実現しているため、太陽光発電の主力となりつつある技術です。

単純な構造を持つため生産コストが低く、太陽光パネルの分野で今最も有望だと言われています。

GaAs

GaAs(ギガアンプス)とは、ガリウムとアリールの2つの元素を混合して作られた太陽光パネルで、高い効率で太陽光を変換できるため、太陽光発電に広く使われています。

GaAsは高い電気伝導性を持っているため、太陽光発電パネルの作動性を向上させることができます。

太陽光パネルの設置場所別の選び方

太陽光パネルには様々な種類がありますが、設置場所で選ぶと失敗が少ないです。

具体的には、下記のとおりとなります。

設置場所おすすめ太陽光パネル
一般住宅屋根など接地面積が狭い場合発電効率が高い単結晶シリコン太陽光パネル
屋根に後付けするなど重量が不安な場合本体重量が軽い太陽光パネル
気温が高い地域に設置する場合暑い地域でも性能を発揮できるヘテロ接合型太陽光パネル
積雪する雪国に設置する場合雪の反射光も取り込める両面太陽光パネル
海風が当たる沿岸周辺に設置する場合塩害対策された太陽光パネル
大きな土地に大規模に設置する場合コストバランスの良い多結晶シリコンの太陽光パネル
ひかり
ひかり

なるほど!それぞれに特徴があるんだね。

てんか
てんか

ここを失敗すると年間の発電量やコストがかなり変わってくるから、絶対に自分の環境に合ったものを選んでね!

住宅屋根など接地面積が狭い場合

太陽光パネルの接地面積が限られている場合には、発電効率が高い単結晶シリコンの太陽光パネルがおすすめです。

単結晶シリコンは太陽光の少ない時間帯でも半導体特性によって発電効率を保つため、普段から少量でも電力を発生させることが可能。また、単結晶シリコンの太陽光発電モジュールは、高圧・高温などの環境下でも長期的に安定した発電が行なえます。

太陽光発電を屋根に穴を開けないで設置できる6つの選択肢とは?
太陽光発電を屋根に穴を開けないで設置できる6つの選択肢をご紹介しています。ソーラーパネルを屋根に設置する際、従来型の工法では、どうしても屋根に穴を開ける必要がありました。穴を開けると屋根が痛むことになりますし、最悪の場合、その穴から住宅に雨漏りが発生するという事例も毎年何件も事例が発生しています。そういった自体にならないためにも、屋根に穴を開けずに太陽光発電を設置できる方法を見ていきましょう。

戸建住宅の屋根に後付けするなど重量が不安な場合

本体重量が軽い太陽光発電システムを導入するようにしましょう。

積載重量に制限がある場合であっても、適切な搭載量と配置をすれば、太陽光を最大限に活用し、発電効率を高めることができます。

軽量なモデルを選んでおけば、既存の構造物の負担も抑えることができますので、長期的に見ても安心です。

ソーラーパネルの重量が屋根に与える影響はヤバくないのか?
ひかり ソーラーパネルの重量がどのくらいなのか気になるよね! 自分の家の屋根でも大丈夫なの?って。 てんか 地震がきたとき家が壊れないか心配よね。 ...

気温が高い地域に設置する場合

暑い地域でも優れた性能を発揮したいなら、ヘテロ接合型シリコン太陽光パネル一択です。

ヘテロ接合型シリコンは高い効率を発揮しながらも、非常に低いコストで太陽光パネルを導入できるというメリットがあります。

また、熱を受けても劣化しにくく、暑い地域でも性能を維持しやすい特徴があります。

太陽光発電の劣化原因4選|劣化を防ぐ方法&パネル別の劣化率!
太陽光発電設備を設置する場合に、太陽光発電設備は新規設置後から少しずつ経年劣化し始め、出力が低下してしまうことを忘れてはなりません。そこで太陽光パネルやその他必要な部材の劣化原因、具体的な劣化症状、劣化予防方法、種類別の劣化率等の正しい知識を知り、必要なメンテナンスを実施して太陽光発電設備を長持ちさせるようにしましょう。

積雪する雪国に設置する場合

雪国では日射量が少ないため、両面太陽光パネルが有効です。

このパネルは、太陽の光を受けるパネルを両面に持つため、たとえ直接的に太陽光を取り込めなくても、雪の表面で反射した太陽の光を受け取ることができます。また、横からの光を受け取ることも可能。

これにより、低い日射量の時でもより多くの太陽光を受け取ることができ、太陽光パネルの生産性を向上させることができます。

太陽光発電の日照時間&日射量の関係性!発電量への影響とは?
日照時間&日射量が太陽光発電の発電量へ与える影響について紹介しています。なぜ日照時間&日照量が重要視されているのか?天気・時間・月別・地域別では、具体的にどのように発電量が異なるのか?など、太陽光パネルに受ける光の量の違いによる関係性を解説しています。

海風が当たる沿岸周辺に設置する場合

海が近くにあったり、海風が当たるような場所に太陽光パネルを設置する場合、塩害対策された太陽光パネルを選択しましょう。

塩害対策がされている太陽光パネルは

もしも、万一の際も安心心できる

海が近い重塩害地域でも太陽光発電パネルは設置できるのか?
太陽光発電パネルは、海が近い重塩害地域でも設置できるのでしょうか?一見すると、デメリットばかりのように感じるかもしれませんが、実は海の近くに設置することで生まれるメリットも存在します。また、太陽光発電を重塩害地域に設置する失敗しない方法なども解説していますので、ぜひ参考にしてください。

大きな土地に大規模に設置する場合

たくさんの枚数の太陽光パネルを設置するなら、コストバランスの良い多結晶シリコンの太陽光パネルがおすすめです。

多結晶シリコン太陽光パネルは、優れたコストパフォーマンスが最大の特徴。

価格が安く、高い効率を実現しているため、単結晶シリコンよりは発電効率が落ちるものの、その分たくさんの太陽光パネルを設置できるため、投入コストを回収しやすいです。

太陽光発電のメンテナンス費用はいくら?点検は義務化されてる?
太陽光発電の具体的なメンテナンス費用について、紹介しています。太陽光発電には、住宅用と産業用がありますので、それぞれのメンテナンス費用を解説していることに加え、メンテナンスの必要性や、頻度など、これから長く太陽光発電を利用していくためには、是非とも知っておきたい内容をまとめました。

おすすめの太陽光パネルTOP3

ひかり
ひかり

色々見てきたけど、「特にこれがおすすめ」っていう推しの太陽光パネルはないの?

てんか
てんか

私の個人的な推しメンで良ければ紹介するよ♪

パナソニックの両面ソーラー

パナソニックの両面ソーラー太陽は、太陽光を両面から取り込むことで通常の半分の光量でも最大の効率を発揮します。積層構造を採用しているため高い耐久性を持ち、長期間使用することができます。

また、太陽光を最大限に活用するための小型で軽量な設計も魅力です。

高い耐久性と環境にも配慮した高効率なソーラー太陽で、いつまでも安心して利用できる点が大きな魅力の太陽光パネルです。

★雪

HTソーラーのTARZANシリーズ

HTTARZAN(ターザン)

TARZANしつつも

軽量型は「東洋アルミニウム」

東洋アルミニウムのHaneの太陽光パネル「Hane® Module」高性能な太陽電池が搭載されたモデルです。

小型で携帯性があり、重量も軽く、使いやすい太陽電池モジュールを採用しているので、安全で信頼性の高い太陽光パネルとなっています。

また、高い耐久性や耐候性、高い熱伝導性を備えているので、長期間にわたって安定した発電を維持できます。優れた太陽電池効率を実現するため、最新のソーラーパネル技術を採用し、最大の効率を発揮することができます。

良い太陽光発電を見つけられるかは工務店次第

太陽光パネル選びで失敗しないためには、性能が高く、かつ安価なものを選ぶのが一番良いでしょう。

しかし、それは自分ひとりでは中々難しいため、本当に親身になって相談に乗ってくれる工務店を探すところが始めなければいけません。

良い太陽光パネルを見つけられるかは、工務店次第なのです。

まずは購入する太陽光パネルについて、自分である程度把握をして、その前提知識を持った上で工務店に相談すると話がスムーズです。

太陽光パネルの専門家に相談することで自分が持ち合わせていなかった新たな知識や、専門家ならではのプロ目線でのアドバイスもいただけます。

導入する・しないは、相談後に決めれますので、まずはいくつかの工務店に相談して、良い工務店を探すところから始めてみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました