ソーラーパネル屋根一体型とは?メリット・デメリットをまとめてみた

ソーラーパネル屋根一体型とは?メリット・デメリットをまとめてみた設備
ひかり
ひかり

ソーラーパネルって、屋根と一体になっているタイプもあるんだよね?

てんか
てんか

屋根と一体になることで、様々なメリットがあるからお得だよ♬

ひかり
ひかり

でもさ、ソーラーパネルの屋根一体型ってあんまり見ないけど、良いことだけじゃくて、悪いこともあるんじゃないの?

てんか
てんか

みんなが気になる、ソーラーパネル屋根一体型の「メリット」と「デメリット」をお届けするね!

太陽光発電の屋根貸しは儲かるのか⁈メリットデメリットを解説
ひかり 太陽光発電の屋根貸しとは、自分の家の屋根を企業に貸してゼロ円で太陽光発電を設置できる仕組みの事を言うんだよ! てんか 最近は自治体なんかでも屋根貸しで太陽光発電の設置...

ソーラーパネルの屋根一体型とは

ソーラーパネルの屋根一体型とは

一般的にソーラーパネルといえば、屋根の上に「架台」を設置し、その上にソーラーパネルを乗せる「屋根置き型」と呼ばれるタイプを想像するでしょう。

ひかり
ひかり

架台っていうのは、ソーラーパネルを乗せるための金属製の台のことだよ!

ソーラーパネルの「屋根一体型」とは、文字どおり「ソーラーパネル」と「屋根」が一体となっているタイプです。

「建材一体型」や「瓦一体型」とも言います。

見た目的には、ソーラーパネルで作られた屋根といった感じです。

 

太陽光発電の屋根一体型

引用:CANAME

新築で家を建てる際に、メーカーや、施工業者から、ソーラーパネルの屋根一体型をオススメされるケースが増えています。

では、ソーラーパネルの屋根一体型には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

ソーラーパネルの屋根一体型のメリット5選

ソーラーパネルの屋根一体型のメリット5選

ソーラーパネル屋根一体型のメリットは、以下の5つです。

  • 隙間なくソーラーパネルをパネルを設置できる
  • 発電量が多い
  • 耐震性性が優れている
  • 雨漏りのリクスが少ない
  • デザイン性が優れている

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

隙間なく太陽光パネルを設置できる

ソーラーパネルを「屋根置き型」で設置する際に「架台」が必要であることは、先に述べました。

架台は、設置面積を必要とするほか、形状的に狭い箇所に設置をすることができないので、必然的にソーラーパネルが設置できる範囲も限定されます。

ひかり
ひかり

下の画像のように、屋根の端や、架台の形状と適していない面積には、設置ができないんだよ!

 

太陽光発電の架台

引用:ハピすむ

屋根一体型であれば、架台を設置する必要がなく、ソーラーパネル自体を屋根の材質とするので、屋根全面にソーラーパネルを敷き詰めることが可能となります。

てんか
てんか

デッドスペースを作らずに済むのは、得した気分だよね♬

発電量が多い

ソーラーパネルの屋根一体型は、屋根全面がパネルになっているので太陽光を受ける面積が広く、屋根置き型に比べると、多くの発電量を見込めます。

発電量が多ければ、自家消費する分だけでなく、売電に回す「余剰電力」を多く生み出すことができます。

ひかり
ひかり

「余剰電力」っていうのは、発電しても家庭で使いきれなかった未消化分の電力のことだよ!

太陽光発電の仕組み

太陽光発電・売電の仕組み

引用:ミライフ

発電量の多い正午などは、仕事や学校で家を空ける家庭が多いので、必ず余剰電力が生まれます。

また、蓄電池を併用することで、日中発電した電力を貯めておくことができます。

てんか
てんか

蓄電池は、電力を貯めておけるバッテリーのようなイメージだよ!

日中貯めておいた電力を、夜間や災害時に取り出して使用できるのは、蓄電池の大きなメリットと言えるでしょう。

太陽光発電システムの蓄電池とは

引用:省エネドットコム

耐震性が優れている

従来の屋根置き型のソーラーパネルは、屋根に架台を設置する必要があるので、地震が発生した際に、屋根や建物に掛かるダメージが不安視されてきました。

ソーラーパネルの屋根一体型は、架台を設置しない分、重量が軽く、屋根や建物に掛かるダメージも軽減されています。

雨漏りのリスクが少ない

屋根置き型のソーラーパネルは、雨漏りの被害がたびたび報告されています。

原因の1つとしては、設置業者の施工不良が挙げられます。

雨漏りのリスクが少ない

引用:街の屋根やさん

このケースの難しいところは、業者の施工不良を証明するのが難しいことです。

屋根の状態など、日常的にチェックをしているはずがありませんので、最初から穴が開いていたと業者に主張されれば、それを覆すことは困難です。

ひかり
ひかり

酷い話だよね!泣き寝入りなんて悔しすぎるよ!

てんか
てんか

工事費の安さばかりを主張してくる業者は要注意だよ!きちんと色々な業者から見積もりをして、トラブルを回避してね!

ソーラーパネルの屋根一体型は、屋根材自体にソーラーパネルが組み込まれているので、後から屋根に穴を開ける必要がありません。

施工不良によるトラブルが心配なら、屋根一体型を選ぶようにしましょう。

太陽光発電の訪問販売の手口に要注意!悪質業者にダマされるな!
近年、悪質な手口で太陽光発電を販売する業者が急増しています。そんな営業に騙されないように、悪徳訪問業者の特徴や嘘の見破り方を解説します。万一、騙されてしまってもクーリングオフの制度があるので、そういった購入者保護制度についても合わせて見ていきましょう。

デザイン性が優れている

住宅の景観を重視するなら、ソーラーパネルの屋根一体型は強い味方になるでしょう。

屋根置き型ですと、どうしてもデッドスペースができてしまったり、屋根の色と、ソーラーパネルの色合いがアンバランスになってしまうことがあります。

ひかり
ひかり

瓦屋根の上にソーラーパネルが乗っている風景も、どことなく不自然だもんね!

ソーラーパネルの屋根一体型ですと、屋根とパネルが一体になっていることから、非常にスタイリッシュな景観を実現できます。

また、屋根一体型は、黒系統の色合いが多いため、屋根だけでなく、家の外壁との調和も抜群です。

てんか
てんか

瓦と混ぜて設置できるタイプもあるから、瓦屋根の家でも安心だね♬

ソーラーパネル屋根一体型のデメリット4選

ソーラーパネル屋根一体型のデメリット4選

数多くのメリットをもたらしてくれる屋根一体型のソーラーパネルですが、良いことばかりではなく、デメリットも存在します。

  • 初期費用が高い
  • メンテナンス費用が高い
  • 発電効率が低下しやすい
  • 固定資産税が発生する

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

初期費用が高い

屋根置き型に比べると、屋根一体型のソーラーパネルは、価格が高い傾向になります。

なぜなら、一般的なパネルではなく、屋根材に組み込むための特殊な加工を施したパネルだからです。

例えば、一般家庭の理想的な太陽光は発電設備は、4.5~5kWだと言われています。

これを、屋根置き型の設置価格に換算すると、約126万~140万円という費用が発生します。

※1kWあたり28万円で計算

参考:経済産業省資源エネルギー庁

同じ設備容量であっても、屋根一体型の設置価格は、約150万円~200万円と言われています。

ひかり
ひかり

だいぶ金額が変わってくるね!

コストパフォーマンスを重視するのなら、比較的に安価で設置できる、屋根置き型のほうが良いでしょう。

てんか
てんか

初期費用が高い屋根一体型でも、業者によっては値引き交渉ができるから、必ず複数社に見積もり依頼をしてね!

メンテナンス費用が高い

太陽光発電は、基本的には「メンテナンスフリー」と言われています。

とは言え、太陽光パネルの汚れなどは発電効率の低下を招いてしまうので、数年に1度くらの清掃は必要でしょう。

メンテンナンス費用に関しても、屋根一体型のソーラーパネルは、費用が高くなる傾向にあります。

ソーラーパネルの清掃くらいであれば、屋根置き型とさほど差はありませんが、問題は「電気回路」などの故障です。

ひかり
ひかり

「電気回路」っていうのは、電気を発生させるための通り道みたいなものだよ!

 

てんか
てんか

ソーラーパネルに太陽光が当たると「電子」が発生して、電子が電気回路を通ると電気が発生するんだよ!

ソーラーパネルが屋根一体型になっていると、電気回路などの故障個所を特定するだけで一苦労です。

また、簡単に取り外すこともできないので、修理に時間と費用が掛かってしまいます。

こうした事態を防ぐためには、頻繁に施工業者やメーカーの点検を受ける必要がありますので、メンテナンス費用が高くなるというわけです。

発電効率が低下しやすい

屋根置き型に比べて、熱が籠りやすいというのも、屋根一体型のデメリットです。

通常、架台が設置してあれば、ソーラーパネルと屋根の間に、熱を逃がす空間が作られます。

ですが、屋根とソーラーパネルが一体となっている場合は、熱を逃がすスペースがなく、結果的に熱が籠りやすくなってしまうのです。

ひかり
ひかり

熱が籠ると、何で発電効率が低下するのかな?

なぜなら、ソーラーパネルの表面温度が上昇してしまうからです。

ソーラーパネルの発電効率が最大値になるのは、パネルの温度が25℃の時だと言われています。

夏場などは、たくさんの太陽光を浴びるので、発電効率が良いイメージがあるかと思いますが、実はそうではありません。

確かに、多くの発電量を見込めることは間違いありませんが、真夏は、パネルの温度が最高で80℃近くまで上がるため、決して発電効率が良いとは言えないのです。

てんか
てんか

架台を設置しない屋根一体型は熱を逃がせないから、更にパネル温度が上がりやすくなるってことだね!

価格は高くなりますが、最近ではパネル温度が上昇しても、発電効率が落ちにくいタイプのソーラーパネルも販売されています。

価格は、メーカーや販売業者によって異なりますので、複数の見積もりを依頼することをオススメします。

固定資産税が発生する

屋根一体型のソーラーパネルには「固定資産税」が発生します。

屋根置き型のソーラーパネルは「屋根」と「ソーラーパネル」が分離しているで非課税となります。

屋根一体型は、固定資産税の金額も高くなりますので注意をしてください。

ソーラーパネル屋根一体型のメリットデメリットまとめ

ソーラーパネル屋根一体型のメリットデメリットまとめ

ここまで、屋根一体型ソーラーパネルの「メリット」と「デメリット」を解説しました。

まとめると、以下のようになります。

メリット

  • 隙間なくソーラーパネルを設置できる
  • 発電量が多い
  • 耐震性に優れている
  • 雨漏りのリスクが少ない
  • デザイン性が優れている

デメリット

  • 初期費用が高い
  • メンテナンス費用が高い
  • 発電効率が低下しやすい
  • 固定資産税が発生する

自分のライフスタイルに合ったソーラーパネルを、ぜひ探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました