PR

太陽光発電の費用対効果は?計算方法&費用対効果を高めるポイント

太陽光発電の費用対効果Q&A
ひかり
ひかり

太陽光発電は一般的に費用対効果が高いと言われてるけど、本当かな?

てんか
てんか

導入地域や、設置する太陽光発電システムによっても変わってくるけど、たしかに日太陽光発電の費用対効果は高いよ。

ひかり
ひかり

もっと具体的に知りたいな♪

てんか
てんか

太陽光発電における費用対効果や、計算方法費用対効果を高めるポイントを見ていこう!

30秒でサクッと見積もり可能
ソーラーパートナーズ

太陽光発電における費用対効果とは?

太陽光発電における費用対効果とは、太陽光発電の導入費用を投資した場合に、どの程度の効果を得ることができるかを表したものです。

大きな規模の太陽光発電システムを設置すると、設置費用が高くなりますが、発電量も大きくなるため、費用対効果がより良くなります。

一方、小規模の太陽光発電システムを設置すると設置費用は安く抑えられますが、発電量も少なくなるため、費用対効果は低くなります。

太陽光発電の導入は、投資費用と発電量のバランスを考慮して決定する必要があるので、計算方法を見ていきましょう。

太陽光発電の消費税還付の条件&必要書類|自分で申請できる?
太陽光発電の消費税還付の条件と必要書類は何かを説明しています。自分で申請できるかどうかも気になるところですね。消費税還付を受けると払った消費税が返ってくるのでお得になりますが、条件や必要書類等手続きが難しいものです。まずは消費税還付とは何かから、考えていきましょう。

太陽光発電の費用対効果の算出方法

ひかり
ひかり

太陽光発電の費用対効果を算出するためには、何が必要なのかな?

てんか
てんか

太陽光発電を導入するために投資した費用と、太陽光発電から得られる電力の効果を算出して、比較検討すると良いよ。

太陽光発電投資会社ランキングTOP10|おすすめはココ!
太陽光発電投資会社ランキング、慎重な企業選びが失敗や後悔を防ぐ方法を解説しています。太陽光発電投資会社はたくさん存在し、メーカーも様々です。選び方のポイントやトラブルが起きた時にどうすれば良いか、太陽光発電投資には何が一番大切なのかをご紹介しています。

初期費用の計算

まず太陽光発電の導入費用を把握する必要があります。

導入費用とは、太陽光発電を導入するために必要な設備費用や施工費用などを指します。

太陽光発電の設置費用は、太陽光発電システムの規模や設置する場所などによって異なりますが、

  • 太陽電池パネルの購入費用
  • インバーターの購入費用
  • 安全装置の購入費用
  • 配線
  • 太陽光発電システムの調整
  • 設置費用

などを合わせて、1kWあたりの導入費用は約20万円~30万円程度となります。

おおよそ1kwあたり30万円かかると考えておくと良いでしょう。

4人家族で何kWの太陽光発電設備が必要か?理由とともに解説!
4人家族で生活している場合、何kwの太陽光発電設備があれば、家庭で消費するすべての電力を賄えるのでしょうか?このページでは、具体的な数値とともに、計算式や、理由まで解説しています。太陽光発電設備の維持費なども考慮し、損をしないkwを導入しましょう。

運用費用の計算

太陽光発電は、設置して終わりではありません。

発電効率を落とさないために設備を定期的に保守点検し、正常に機能するよう維持する必要があります。

具体的には下記のような内容を実践して、1年のメンテナンス費用は、太陽光発電の規模に応じて1kWあたり3万円~5万円程度となります。

  • 太陽電池パネルの掃除
  • インバーターの点検
  • 太陽電池パネルの点検
  • ケーブルの点検
  • 電気安全性の確認
  • システムの動作確認
  • ソフトウェアのアップデート
  • 太陽光発電システムの保守・保護

また、太陽光発電のシステムの種類によっても費用が変わります。

例えば地上設置型の太陽光発電システムの場合、1年のメンテナンス費用は、モジュールのクリーニング費用やインバーターのチェック費用などを含めて、1kWあたり1万円程度となります。

一方、屋根に設置された太陽光発電システムの場合、1年のメンテナンス費用はモジュールのクリーニング費用やインバーターのチェック費用などを含めて、1kWあたり2万円程度と、地上設置の場合よりも高額になります。

太陽光発電のメンテナンス費用はいくら?点検は義務化されてる?
太陽光発電の具体的なメンテナンス費用について、紹介しています。太陽光発電には、住宅用と産業用がありますので、それぞれのメンテナンス費用を解説していることに加え、メンテナンスの必要性や、頻度など、これから長く太陽光発電を利用していくためには、是非とも知っておきたい内容をまとめました。

削減できる電気料金の計算

太陽光発電を導入した場合に削減できる電気料金を把握します。

例えば太陽光発電だけで電気代を賄えるほどの発電量を望むのであれば、下記のようになります。

住宅用太陽光発電の発電例

引用:ソーラーフロンティア

4人家族の一般家庭の電気使用量は年間5,232kWhですので、充分に発電した電力だけで生活できることが分かります。

太陽光発電だけで生活は可能?余った電気を売るほど発電できるのか?
太陽光発電システムの導入を検討している人は「太陽光発電だけで生活は可能なのか?」「余った電気を売るほど発電できるのか?」という疑問が浮かぶことでしょう。このページでは、太陽光発電システムを利用したオフグリッド生活について、解説しています。

削減できる電気代を計算するためには、年間の発電量を計算する必要があるものの、導入する太陽光パネルの枚数や、地域、日照時間によって大きく変動するため、ここは専門業者に計算してもらったほうが間違いありません。

導入費用とあわせて見積もりをとってみると良いでしょう。

\Amazonギフト券200円分プレゼント/

費用対効果のシミュレーション

  • 太陽光発電の導入費用
  • 太陽光発電の運用費用(ランニングコスト)
  • 電気料金の削減額

を比較し、費用対効果をシミュレーションしてみましょう。

太陽光発電の導入費用・運用費用を投資金額、電気料金の削減額を収益金額として、投資回収期間や投資収益率を算出することができます。

投資収益率を算出する際には、太陽光発電の導入費用を定期的に支払う場合と、一括で支払う場合の2つを比較して、最も費用対効果が高い方を選択すると良いでしょう。

太陽光発電の損益分岐点を決める7つの要素と把握しておくべき注意点
太陽光発電を導入するなら、損益分岐点を把握して、少しでもお得に運用したいですよね。効率良く利益を出すための知識や収支バランスを理解して、後悔のない費用投資を検討しましょう。

太陽光発電の買取制度

ひかり
ひかり

太陽光発電の魅力の1つと言えば、やっぱり電力の買取制度だよね♪

てんか
てんか

買取制度を上手に使うことで収益を上げることもできるから、利用しない手はないよ。

太陽光発電の買取制度には、下記の2種類があります。

  • 余剰買取
  • 全量買取

それぞれのメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

余剰買取のメリットデメリット

余剰買取とは、月間の全ての電力を売るのではなく、実際に使用しなかった電力を電力会社が買い取る仕組みです。

余剰買取の場合、発電した電力のうち、実際に使わなかった分だけを買い取るので、買取額は低くなります。

ですが、電気代はその分しっかりと節約できます。

全量買取のメリットデメリット

全量買取とは、太陽光発電設備が発電した月間の全ての電力を電力会社買い取る仕組みです。

この方式では、太陽光発電設備が発電した電力が定められた最大出力を超えていなくても電力会社が買取するため、安定した収入を得ることができます。

太陽光発電の費用対効果を向上させるポイント

太陽光発電への投資金額をムダにしないためには、下記のポイントを押さえることが重要です。

  • 消費電力量に合った設備を検討する
  • 初期費用を把握する
  • 運用費用を把握する
  • 補助金制度を活用する
  • 税制優遇を活用する
  • 保証制度の整った業者に依頼する

少しの手間で大きく収入・コストが変わってくるので、それぞれ詳しく確認していきましょう。

消費電力量に合った設備を検討する

太陽光発電の効率を上げるために、消費電力量に合った設備を検討することが重要です。

太陽光発電のインバーターなどの設備を消費電力量に合わせて選定することで、太陽光発電の効率を上げることができます。

また、太陽光発電パネルも消費電力量に合わせて選定することで、太陽光発電の効率を上げることができます。

最も効率的な太陽光発電を行うためには、消費電力量に合った設備を検討することが不可欠です。

\Amazonギフト券200円分プレゼント/

初期費用を把握する

太陽光発電の初期費用をしっかりと把握しなければ、そもそも損益分岐点の計算すら行えません。

初期費用を適切に算出するために、導入する場所や規模は最低限決めておきましょう。

屋根に設置するのか、庭先の地面に設置するのかなどなど、設置場所の検討は必須です。

また、太陽光発電の導入規模も決める必要があります。導入規模によって、太陽光発電用の光熱設備の選択肢が変わってくるためです。

プロのアドバイスのもと決めることで失敗を防げますので、無料シミュレーションを行なってみると良いでしょう。

\Amazonギフト券200円分プレゼント/

運用費用を把握する

発電量を最大限に引き出すために、発電機器のメンテナンスや管理は欠かせません。

導入する太陽光発電設備の規模の大小や、設置場所により運用費用も異なってくるため、このあたりもしっかりと把握しておきましょう。

いくら初期費用が安くても、ソフトウェアのアップデートや、太陽光発電システムの運用保守の金額が高ければ、結果的に損をする可能性もあります。

補助金制度を活用する

太陽光発電を設置した場合、設置費用の一部を補助金として支給する制度も存在します。

補助金制度を活用して初期費用を抑えることで、収支も当然より良くなりますので、利用してい手はありません。

補助金の種類には、家庭用太陽光発電システムの設置費用の一部を補助する「家庭用太陽光発電システム補助金」や、大規模な太陽光発電施設の設置費用を補助する「大規模太陽光発電システム補助金」などがあります。

税制優遇を活用する

太陽光発電は、国や地方自治体が定める税制優遇を受けることができます。

例えば消費税を免除する「太陽光発電推進税制優遇」があります。

この優遇制度は、太陽光発電システムを導入した建物を建築物として消費税を免除します。消費税を免除することで、太陽光発電の導入を推進しているわけです。

また、地方自治体によっては、太陽光発電を行う場合に地方税から減税を行ったり、融資を行ったりするなど、さまざまな税制優遇を受けることができます。

保証制度の整った業者に依頼する

陽光発電装置を購入する場合、保証制度を受けることができます。

この制度は、太陽光発電が故障してしまった場合に、無償修理対応などの補償が受けられる制度です。太陽光発電装置の保証制度は、製品メーカーによって異なりますが、一般的には、製品の購入から15年~20年の保証が行われています。

太陽光発電の保証期間はどのくらい?設備機器別の保証期間・内容
太陽光発電システムを導入する際に、必ず確認していただきたいのが保証期間&保証内容です。ソーラーパネル自体もそうですし、太陽光発電の設備機器は全てが精密機器であるため、もしも壊れてしまうと、最低でも数十万円単位で費用がかかってしまいます。このページでは、そんな太陽光発電の保証期間・内容をご紹介します。

また、設備機器に対する補償だけでなく、太陽光発電システムが期待した発電量を確実に発電できるように、業者が保証する制度も存在します。

こういった保証制度を導入業者は、システムを設置した後も期待した発電量を確実に発電できるように、システムの保守やメンテナンスを行ってくれます。

保証制度が整っていない業者の場合、期待した発電量を発電できない場合があります。そのため、太陽光発電システムの設置を行う際には、設備機器ならびに発電保証制度が整った業者を選ぶことが大切です。

\Amazonギフト券200円分プレゼント/

太陽光発電の発電効率を高めるには蓄電池が鍵

太陽光発電システムの蓄電池

ひかり
ひかり

さらに太陽光発電の費用対効果を更に高める方法はないかな?

てんか
てんか

それなら蓄電池を利用のがおすすめだよ♪

蓄電池とは?

太陽光発電の蓄電池とは、太陽光発電で発生した電力を貯蔵するための蓄電装置のことです。

太陽光発電を利用した場合、太陽光発電で発生した電力は瞬時に消費されてしまいます。しかし、蓄電池を導入することで、太陽光発電で発生した電力を蓄電池に貯蔵し、消費したい時に使用することができるようになります。

蓄電池の仕組み

太陽光発電の蓄電池の仕組みとメリット

引用:GODA

蓄電池とは簡単に説明すると何か?太陽光発電が電気を蓄える仕組み
蓄電池とは簡単に説明すると何か?という内容を分かりやすく解説しています。太陽光発電が電気を貯める仕組みや、蓄電池を導入するメリット・デメリットなど、蓄電池の疑問をまるっと解決。蓄電池に対するいろいろな疑問を解決して、あなたにとって蓄電池が必要かどうかの判断材料にしてください。

蓄電池の活用で電気代0円生活も可能

蓄電池に電力を蓄えておくことで、電力会社から電気を買う必要がなくなり、電気代を完全にゼロにすることができます。

太陽光発電で朝昼に蓄えた電力を、夜間に使用することもできるようになりますので、使用電力以上の発電設備を整えれば、電気代がゼロ円で生活できます。

太陽光発電だけで生活は可能?余った電気を売るほど発電できるのか?
太陽光発電システムの導入を検討している人は「太陽光発電だけで生活は可能なのか?」「余った電気を売るほど発電できるのか?」という疑問が浮かぶことでしょう。このページでは、太陽光発電システムを利用したオフグリッド生活について、解説しています。

災害時にも安心

蓄電池を使用することで、災害時にも自宅での生活を安心して続けることができます。

例えば地震や台風などの強い災害が発生した場合でも、蓄電池に貯蔵していた電力を使用することで、普段の生活と同じように電力を供給することができます。

ただし、施工が甘い業者だと太陽光パネルが強風で飛ばされるなどの被害も発生するため、業者選びは慎重に行う必要があります。

太陽光パネルが台風で飛ぶ事故事例|ソーラーパネルの落下事故とは?
太陽光パネル(ソーラーパネル)が台風で飛んだ事故事例を紹介しています。強風で太陽光パネルが飛ぶ事故や、落下事故など、台風による被害は様々です。そんな台風被害の対策方法もご紹介していきます。

太陽光発電の費用対効果は10年で考える

太陽光発電の費用対効果は、10年間で考えることが一般的です。

太陽光発電は初期投資が高いため、最初の1年間は特に費用がかかりますが、その後のは太陽光から得られる電力を使用して電気料金を節約できるため、トータルの期間が長くなれば長くなるほど費用対効果が高くなります。

太陽光発電は導入費用がかかりますが、長期的に高額なメンテナンスは必要ありませんので、投資金額と運用コスト、そして収益性を考え、じっくりと導入を検討すると良いでしょう。

TOP