太陽光発電は売電できなくなる?売電廃止で未来はないのか?

売電
ひかり
ひかり

ちょっとちょっと!太陽光発電の売電ができなくなるって本当なの!?

てんか
てんか

落ち着いて!どこでそんな話を聞いてきたの?

ひかり
ひかり

ネットニュースで読んだんだよ!2009年に太陽光発電を設置した人は、2019年以降は売電ができなくなるって!

てんか
てんか

なるほど、2019年問題の記事を読んだんだね!ちょっと複雑な話ではあるから、太陽光発電は売電できなくなるのか詳しく解説をしていくね!

太陽光発電は売電できなくなる?

太陽光発電は売電できなくなる?

結論からお伝えしますと、太陽光発電は今後も売電できます。

なぜなら、現在も固定価格買取制度(FIT)は継続しておりますし、FIT終了後は好きな電力会社と売電契約を結ぶことができるからです。

FITとは、一定期間は固定された価格で電力を買い取ってもらえる制度のことです。住宅用太陽光発電なら10年間、産業用太陽光発電なら20年間が適用されます。
ひかり
ひかり

じゃあ、どうして売電できなくなるなんて噂が流れるのさ?売電廃止で未来がないとまでネットニュースやブログでは書かれていたよ!

そのような誤解を招いた原因は、いわゆる2019年問題でしょう。

2009年11月から、FITの前身となる余剰電力買取制度がスタートしました。

住宅用太陽光発電は10年間の買取期間を与えられますので、早ければ2019年に買取契約の満了を迎える方が現れます。

 

太陽光発電の買取制終了の新聞報道のニュース

引用:ひだかや株式会社

ここでこのような疑問が出てきます。果たして、FIT終了後の11年目以降も売電が可能だろうか?

この問題に関しては様々な憶測が流れ、2019年にFIT契約を終える方はそのまま売電を打ち切られてしまうという噂まで広がったほどです。

てんか
てんか

これが2019年問題だよ!2019年以降の売電継続が可能かどうかで、太陽光ユーザーたちが大騒ぎしたんだ!

実際には、2019年以降も問題なく売電ができています。

ただし、売電単価は大きく下がってしまうので注意をしてください。

FITは太陽光発電導入の初期費用の回収を助ける役割も果たしています。太陽光発電の購入にはほとんどんの方が10~15年でローンを組みますので、FIT適用期間内にローンを完済するのが理想です。
太陽光発電のソーラーローンのメリット・デメリット比較
太陽光発電のソーラーローンのメリット・デメリットを比較しています。借り入れをして太陽光発電の設置を検討されている方に必ず知っておいてほしい内容をまとめましたので、是非参考にしてください。変動金利と固定金利の差や、借入先による違い、住宅ローンへの組み込みなど、ソーラーローンに関するあらゆる内容をこの1ページにまとめました。

FITは国(経済産業省)が実施しているシステムですが、契約終了後は民間の電力会社と売電契約を結ぶことになります。

ちなみに、FITと民間の電力会社では買取単価にここまでの差が生じます。

FIT(2023年度)東京電力
16円 / kWh8.50円 / kWh
ひかり
ひかり

約半額じゃんよ!これじゃ売電収入が激落ちだよ!

太陽光発電のローンを完済してしまえば売電収入は全て自分の利益となりますが、FIT適用期間内の約半額ほどの収入になるのが現状です。

とはいえ、FIT終了後の売電は可能なので安心してくださいね。11年目以降は売電されていないという方は、電力会社との契約内容も再度チェックしてください。

売電契約を結べる電力会社はたくさんあるので、少しでも買取単価の高いところと契約を結ぶことをおすすめします。

てんか
てんか

近頃は電気事業者の数が増えているから、昔に比べて選択肢は豊富だよ♬

FIT適用期間内にローンを完済するには、少しでも初期費用を安く抑える工夫も必要です。月々の売電収入がローンの返済額を上回れば、差額は自分の利益にもなるのでお得ですよ。

太陽発電に関する初期費用を抑えたいなら、複数の業者に見積もり請求をすることが重要です。

同じ製品であっても業者ごとに金額は異なります。設置後のアフターフォローなどにも差が出ますので、少しでも安く良心的な施工業者を見つけ出すことが重要です。

もし複数の業者に問い合わせることが面倒なら、無料シュミレーションを試してみてください。一括で複数の業者の見積もりを取得できるので非常に便利ですよ。

利用は完全無料なのでお気軽にどうぞ。

今後も電力の買取単価は下落していく?その理由は?

今後も電力の買取単価は下落していく?その理由は?

FITの買取単価は、今後も下落していくことが予想されます。

その理由は、太陽光は地球に優しい再生可能エネルギーとして世界中で注目されており、日本でも年々太陽光発電の設置価格が安くなっているからです。

 

再生可能エネルギーとは

引用:しらかわソーラーパネル

 

てんか
てんか

つまり、太陽光発電の初期費用が安くなっているので、それをサポートするFITの単価も下がっていくということだね!

実際、住宅用太陽光発電のFIT買取単価はこのように下がっています。

年度買取単価(税込み)
2012年度42円
2013年度38円
2014年度37円
2015年度33円
2016年度31円
2017年度28円
2018年度26円
2019年度24円
2020年度21円
2021年度19円
2022年度17円
2023年度16円

参考:経済産業省資源エネルギー庁

FITの買取価格推移|過去の価格から見る太陽光発電の将来性
2012年~2022年のFITの買取価格の推移を表にしてまとめました。住宅用と産業用を別々に紹介していますので、過去の買取価格を確認したい人は、是非参考にしてください。太陽光発電の将来性についても言及していますので、これから太陽光発電の設置を検討している人にも、大いに役立つ内容となっています。

2012年度と比較すると、2023年度は半額以下の状態です。

そこまで買取価格が下落しているのなら太陽光発電システムの価格も相当安くなっているのだろうと考える方もいるでしょうが、実際はそうではありません。

もちろん設置する規模や性能にもよりますが、現在でも住宅用太陽光発電の設置には最低100万円以上の初期費用が必要になります。

ひかり
ひかり

産業用太陽光発電の場合、FITの買取単価はどうなっているの?

産業用太陽光発電のFIT買取単価の推移は、以下のとおりです。

年度買取単価(税込み)
2012年度40円(10kW以上)
2013年度36円(10kW以上)
2014年度32円(10kW以上)
2015年度29円(10kW以上)
2016年度24円(10kW以上)
2017年度21円(10kW以上2,000kW未満)
2018年度18円(10kW以上2,000kW未満)
2019年度14円(10kW以上500kW未満)
2020年度13円(10kW以上50kW未満)
2021年度12円(10kW以上50kW未満)
2022年度11円(10kW以上50kW未満)
2023年度10円(10kW以上50kW未満)

産業用太陽光発電の買取単価も例外なく下落しています。

一般的に発電出力が10kW以上のものを産業用太陽光発電と呼びますが、年度ごとに発電量に上限が設けられるなど細かく改正されていますね。

 

太陽光発電は産業用と住宅用の2種類ある

引用:タイナビNEXT

さらに大きな改正があります。2020年度から発電出力が10kW以上50kW未満の太陽光発電に関しては、住宅用と同様に「余剰売電」になるということです。

余剰売電とは、太陽光発電が生み出した電力のうち家庭で消費できなかった余剰分を売電に回す仕組みです。住宅用太陽光発電の売電契約はほとんど余剰売電となります。
売電とは?太陽光発電の「売る」仕組みを分かりやすく解説
太陽光発電の売電について、詳しくまとめています。売電とはそもそもどんな仕組みなのか?電気を売る流れや注意点、メリット・デメリットを紹介しています。ソーラーパネルで発電した電気がお金に変わるまでの流れを一緒に確認していきましょう。

これまで発電出力が10kW以上の産業用の太陽光発電は、生み出した電気の全てを売電に回すことのできる「全量売電」が適用されていました。

ひかり
ひかり

そのおかげで大きな利益を生み出してきたんだよね!一時、サラリーマンの副業で太陽光がブームになったのはこのシステムがあったからなんだ!

しかし、発電出力が50kW未満の太陽光発電が全量売電対象外となったことで、個人投資家には大きなダメージが与えられたのです。

発電出力が50kW以上であればこれまで通りに全量売電が適用されますが、その規模ですとサラリーマンの副業としては些かリスクが高いと言えるでしょう。

てんか
てんか

住宅用でも産業用でもやっぱりポイントは初期費用の削減だね!少しでも元を取るなら、なるべく安い金額で太陽光発電を導入しなきゃ!

今後も太陽光発電の設備費用が安価になることに伴い、FITの買取単価も下落していきます。太陽光発電で絶対に損をしたくなければ、専門家のアドバイスには必ず従ってください。

太陽光発電導入に使える補助金などの情報も詳しく教えてくれますよ。

環境によっても発電量は大きく変わります。太陽光パネルを設置する方角や枚数を検討したり、実際にどれくらい発電できるのかシュミレーションをしてもらうことが重要です。

太陽光発電の未来の選択肢

太陽光発電の未来の選択肢

太陽光発電の未来の選択肢には、以下のようなものがあります。

  • 売電を継続する
  • 自家消費に切り替える

既に太陽光発電を設置しておりFITの契約が切れた場合、今後どのようにして太陽光発電を運用すれば良いのか悩む方も多いでしょう。

具体的な選択肢を詳しく解説していきます。

売電を継続する

買取単価が安いとはいえ、売電を継続することも決して悪い選択肢ではありません。FIT適用期間中より落ちるとはいえ、年間で数万円の売電収入は得ることができますよ。

これが少ないと感じるがどうかは個人の価値観によりますが、少なくともゼロ円ではないので売電を継続する価値はあるでしょう。

ひかり
ひかり

住宅用の太陽光発電は全量売電が適用できないからね!余剰分の電力を捨てるよりも、安い単価で売ったほうがまだマシって考えだね!

売電先には、「新電力」という選択肢もあります。

新電力とは、旅行会社やアパレル会社などこれまで電気事業に関わってこなかった企業が新規参入をしてくることを言います。

新電力の中には買取単価の高い企業もありますので、少しでも多くの売電収入を得たければより買取単価の高い企業を探してみてください。

てんか
てんか

新電力について詳しく知りたければ、下の記事で詳しく解説しているよ♬

太陽光発電10年後/20年後の運用どうする?FIT終了後の選択肢
固定価格買取制度(FIT)が終了する10年後/20年後の太陽光発電の運用はどうするのがお得なのか紹介します。FIT終了後の選択肢はいくつかありますので、あなたに合うものを確認してみてください。卒FITに備え、損をしない選択肢を知っておきましょう。

自家消費に切り替える

もう1つの選択肢は、売電を止めて自家消費に切り替えるということです。

つまり発電した電力を、全て家庭で消費してしまおうということですね。

ひかり
ひかり

ちょっと待ってよ!どうやって発電した電力を使い切るのさ!?

太陽光発電に蓄電池を接続することで、全電力の自家消費が可能となります。

蓄電池とは簡単に説明すると何か?太陽光発電が電気を蓄える仕組み
蓄電池とは簡単に説明すると何か?という内容を分かりやすく解説しています。太陽光発電が電気を貯める仕組みや、蓄電池を導入するメリット・デメリットなど、蓄電池の疑問をまるっと解決。蓄電池に対するいろいろな疑問を解決して、あなたにとって蓄電池が必要かどうかの判断材料にしてください。

通常であれば太陽光発電に蓄電機能はないので、消費できなかった余剰電力は売電に回す以外の使い道はありませんでした。

しかし、蓄電池というアイテムを導入することで、以下のようなメリットを得ることができるのです。

  • 日中に発電した電力を夜間帯に使うことができる
  • 自然災害などで停電した際も電力を使うことはできる
  • 深夜帯の安い電力を購入することで電気代の削減ができる
てんか
てんか

災害時に電気を使えるのは大きなメリットだよね!精神的に心細くても、電気が使えるってだけでホッとするよ!

 

太陽光発電システムの蓄電池とは

引用:省エネドットコム

日本は比較的に自然災害の多い国です。ここ最近は全国各地で地震や土砂崩れによる被害が後を絶たず、様々な地域に大きな爪痕を残しています。

災害時に電力や水道というライフラインを絶たれてしまうと、肉体的にも精神的にも辛い時間を過ごすことになりますよね。

せめて電力の確保だけでもしておくと、心に大きなゆとりを持つことができますよ。

ひかり
ひかり

なるほどね!蓄電池があれば災害時の電力は心配いらないわけだ!

てんか
てんか

それだけじゃないよ!日中に発電した電力を夜間帯に取り出して使えば、夢の電気代ゼロ円だって実現できちゃうんだから!

日中に発電した電力で夜間に使用する電気を全て賄うことができれば、新たに電力会社から電気を購入する必要がありません。

 

蓄電池の仕組み

太陽光発電の蓄電池の仕組みとメリット

引用:GODA

オール電化住宅にしてIHクッキングヒーターやエコキュートを導入すれば、なんとガス代もゼロ円になります。

水道以外のライフラインを全て太陽光で発電した電力で賄うことができれば、完全なる自給自足生活となりますね。

太陽光発電だけで生活は可能?余った電気を売るほど発電できるのか?
太陽光発電システムの導入を検討している人は「太陽光発電だけで生活は可能なのか?」「余った電気を売るほど発電できるのか?」という疑問が浮かぶことでしょう。このページでは、太陽光発電システムを利用したオフグリッド生活について、解説しています。

また、全ての電力を賄うまでには至らなくても、電気代を大きく削減することは可能です。

多くの電力会社では、深夜帯の電気代が安くなる夜割プランというのを実施しています。

深夜帯の安い電力を蓄電池に貯めておけば、日中太陽光で発電した電力を消費することなく夜間帯の消費に回すことができます。
太陽光発電の電気プランおすすめ4選!毎月得するプランはコレ!
太陽光発電を設置しているなら、絶対に選んでおきたい4つのおすすめの電気プランを紹介しています。電力会社を比較した結果、最もおすすめの4つのプランを厳選しましたので、何も考えずに、営業マンの言うまま「夜得プラン」を選択している人などは、大いに参考になる内容かと思います。
太陽光発電は夜間も発電できる?電気代を昼も夜も安くする方法とは
太陽光発電は、夜間も電気を発電するのでしょうか?暗くなってからソーラーパネルで発電することは可能なのか?という内容に加え、電力を最も利用する時間帯や、夜も昼も電気代を抑える蓄電池を使った上手な太陽光発電の活用方法を分かりやすく解説します。夜に意識を向けて、無駄なく太陽光発電を活用しましょう。

年間で数万円の売電収入を得るのが良いか、月々の電気代を大きく削減するかのが良いかは個人の価値観によります。

ですが、どちらにしてもFIT終了後の有効的な太陽光発電運用方法であることに間違いはありませんね。

ひかり
ひかり

蓄電池の導入にも複数の見積もり請求は必須だよ!やっぱり業者やメーカーによって価格やアフターサービスの内容が異なるからね!

てんか
てんか

太陽光発電と蓄電池を同時に導入することでお得なセット割りを実施している場合もあるからしっかりチェックしてね♬

電力は「売る」から「消費」する時代へ!

電力は「売る」から「消費」する時代へ!

ここ数年、電力は「売る」から「消費」する時代へとシフトチェンジする動きが活発化しています。

その要因となっているのは、間違いなく自然災害に対する個人の意識が高さです。

ひかり
ひかり

それに伴い蓄電池にも様々な種類が登場しているし、国や自治体からの補助金という援助も積極的に行われているよ♬

太陽光発電の蓄電池の後付け価格は?補助金を活用するとお得?
太陽光発電の蓄電池を後付けした場合の価格を解説します。蓄電池を導入することで夜間や災害時にも電力を使えるなど様々なメリットを得ることができますが気になるのはやはり設置費用でしょう。蓄電池の後付けでお悩みの方に向けて、具体的な価格や少しでもお得に蓄電池を導入する方法を大公開します!

FIT終了後も売電の継続は可能ですし、上手く運用すればある程度の利益を得ることも十分に可能です。

「売電廃止」という未来は当分訪れないと思われますが、時代のニーズに合わせるなら売電よりも消費を重視するのが良いかもしれませんね。

てんか
てんか

太陽光発電と蓄電池の両方が揃えば無敵だよ♬それぞれの特徴を上手に生かして素敵な太陽光ライフを送ってね!後悔だけはしないように!

蓄電池で電気代は安くならない?「高くなった」という声の真実とは
太陽光発電に加えて、蓄電池を導入することで電気代は節約できるのでしょうか?色々なブログを見ていると「高くなった」「やめたほうがいい」という声も散見されますが、実はそこには大きな誤解があったのです。後悔しないために、蓄電池と電気代の関係を見ていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました